FC2ブログ

プロフィール

ダチなし


FINAL FANTASY XIをプレイしている友達の少ないタルタルの日記。今日もアリエナイ角度でひとりよがり中。
by ダチなし

初めて訪問した人向け

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別に需要があるとも思えませんが、ナイズルのアトルガンHNMのまとめ。
100層に挑戦してから書こうと思ってたんですが、
ナイズルの頻度は減少していくと予想されるので、
忘れない内に分かっている範囲でまとめてしまいます。

アトルガンHNM共通の特徴
デカイ。ヤバイ。ツオイ。
60、80、100ブロックで出現します。
弱体魔法・精霊魔法に強力な耐性を持っており、完全無効では無いものの、
現実的にはほぼ効かないものだと考えて差し支えありません。
(※ 弱体スキル329・魔命+6・MND94・属性杖HQ・隠者の薬併用で、
キマイラ・ハイドラ相手にはスロウ・パライズ全てレジスト。)

印があれば効くらしいので、印があれば一発何か入れましょう。(未確認)

攻撃間隔を遅延させられない上にトリプルアタックなどが付いており、
はっきり言って地上HNMとは次元の違う強さなので注意が必要です。
TP技は厄介なものや威力の高いものが多く、舐めてると全滅します。
一部のTP技は100ブロックでのみ使用します。

Khimaira
危険度:高
防御系のTP技が無いので粘られる心配はありませんが、
その代わり攻撃系のTP技を使いまくってきます。
侠者の薬でほとんど無効化できるので、それさえ使えば楽な相手ですが、
逆に薬が無ければ物凄い連続攻撃で薙ぎ倒される可能性があります。
特に、トゥールビヨンは700~800程度のダメージが出るので危険です。
プレイグスワイプも地味に痛く、鬼スリップのバイオ付きなので注意です。
岩息という前方範囲石化TP技があるので、
パーティに白がいなければ聖者の薬が半ば必須です。
  • 岩息・・・前方範囲石化。
  • テネブラスミスト・・・範囲TPゼロ。
  • サンダーストライク・・・範囲雷ダメージ(300程度)。スタン付き。
  • ドレッドストーム・・・範囲ダメージ(300程度)。テラー付き。空蝉全消去。
  • トゥールビヨン・・・範囲物理ダメージ(800程度)+ノックバック。空蝉複数枚。
  • プレイグスワイプ・・・後方にヘイトトップのPCがいる場合のみ使用。範囲物理ダメージ(600程度)。悪疫+バイオ(40HP/3sec程度のスリップ)。
  • フルミネーション・・・100ブロックのみ使用。範囲ダメージ+麻痺+スタン。(未確認)

Hydra
危険度:中
単純な強さで言えばアトルガンHNM3種の中では一番弱いと思いますが、
パイリックブルワーク(物理無効バリア)を使用してくるため、
制限時間のあるナイズルアサルトでは厄介な相手になっています。
物理バリアさえ使ってこなければキマイラより簡単に瞬殺できますが、
魔法が効かないのとリジェネ付きであることのせいで物理バリアを
連発されると全然削れず、いつまでも粘られる可能性があります。
攻撃系のTP技ははっきり言って弱いので、あまり問題になりません。

斬撃で首を切り落とすことができるらしいですが、
首を切り落とすと何が変わるのかは不明です。
オリジナルのHydraは首の数でTP技とリジェネ量が変化するらしいですが、
ナイズルのHydraに関しては私が見る限り、
少なくともバリア以外のTP技については首の本数に関係なく使用します。
首が切れた状態でバリアを使用したのを見たことはありませんが、
使用してこないかどうかはよく分かりません。
リジェネ量についても元々が微々たる量なので、
首を切り落とすことで変化があるかは今のところ分かりません。
(頂いたコメントに基づき若干修正済み)
  • サーペンタインテール・・・後方カウンター(未確認)
  • トレンブリング・・・範囲物理ダメージ+ディスペル
  • バロフィールド・・・範囲ダメージ+ヘヴィ
  • パイリックブラスト・・・前方範囲ダメージ+悪疫
  • ポーラーブラスト・・・前方範囲ダメージ+麻痺
  • パイリックブルワーク・・・物理バリア
  • ポーラーブルワーク・・・魔法バリア
  • ナーブガス・・・100ブロックでのみ使用。範囲ダメージ+毒+呪い。(未確認)

Cerberus
危険度:最高
ナイズルのアトルガンHNMの中では最強だと思います。
薬品を使えばかなり安全に戦えますが、それでも全滅の可能性があります。

高性能な攻撃系・防御系TP技が揃っており、大変厄介です。
使ってくるTP技の中では唯一ユルレーションだけショボイです。
ユルレーションの射程は魔法の射程よりもギリギリ短いので、
後衛はユルレーションの範囲外に立つことが可能です。
前衛は後衛からの魔法が届く位置に立つように意識しましょう。

マグマホプロン(ストンスキン+ブレイズスパイク)というTP技を持っており、
ストンスキンはダメージを与えることでしか消せません。
ブレイズスパイクの方は消せますが、ディスペル・フィナーレ共に
ほぼ確実にレジストされるものと考えて差し支えありません。
オーラスティール付きの盗む以外に確実に消す方法は無いと思います。

サルファラスブレスという800程度のダメージの範囲物理攻撃、
ラヴァスピットという空蝉貫通400程度のダメージの範囲魔法攻撃があり、
トリプルアタックもあるので死ぬ時は一瞬で死ねます。
マグマホプロンで粘られる可能性があり、
侠者の薬だけで確実に楽勝という相手ではありません。
慣れれば楽勝という相手でもないので、
テンポラリ薬品を惜しまず持ち込むのが無難だと思います。
  • サルファラスブレス・・・(対象中心?)範囲物理ダメージ(800程度)。
  • スコーチングラッシュ・・・後方にヘイトトップのPCがいる場合のみ使用。後方範囲物理ダメージ(800程度)。
  • マグマホプロン・・・ストンスキン+ブレイズスパイク。
  • ユルレーション・・・範囲麻痺。麻痺率低め。
  • ラヴァスピット・・・前方範囲ダメージ(400程度)。空蝉貫通。
  • ゲーツオブハデス・・・100ブロックでのみ使用。範囲ダメージ+バーン+ヘイトリセット。(未確認)

<< ペミデが使い物にならない件について | ホーム | 優柔不断 >>

コメント

オリジナルは放置が多いNMなので
たまにやったりしますが
首多いと非常にリジェネ量が多くなりますね。

ナイズルで出るハイドラでリジェネに
苦しんだって事は無いので
リジェネ量が変わってるかどうかの体感さえないですが。
2007/07/26 15:53 | リピーター #- URL [ 編集 ]
>>リピーターさん
完全に忘れてましたがオリジナルは首の数でリジェネ量が
大きく変わるんでしたね。

ナイズルは、確かに全く体感できませんね~。
リジェネ自体、パイリックブルワークの効果中に
微妙に回復するから気付く程度ですし。
変わってるのかもしれませんが、分かりませんねぇ。
2007/07/26 16:57 | ダチなし #thXeFZM. URL編集 ]

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。