プロフィール

ダチなし


FINAL FANTASY XIをプレイしている友達の少ないタルタルの日記。今日もアリエナイ角度でひとりよがり中。
by ダチなし

初めて訪問した人向け

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またソロで学者上げ。

Lv64ならまだビビキーで粘れそうではありましたが、
弓キキルンがどんなもんか気になったので、エジワに行ってみました。

弓キキルンはHPを減らしても近寄ってこずに遠隔攻撃をするだけという
極めて素晴らしい性質を持っていることで有名ですね。
精霊魔法の詠唱を中断されないので、黒や学者にとってはカモ同然です。

エジワに入ってみて気づきましたが、地図を持ってませんね。
まぁエジワは迷路のように見せかけて内部はほとんど一本道なので、
適当に歩いていても着くだろうと思って適当に進みました。
んで、大して時間もかからずターゲットを発見できました。

やってる最中は自分がどこにいるんだかよく分かりませんでしたが、
今調べてみたところ、たぶんワジャーム(I-6)から入ったマップの
(H-7)(H-8)(I-7)(I-8)あたりの通路ですね。
この通路にいるQiqirn Enterprise(Lv68-70)5匹を狩り回しました。
ワジャームの(I-10)から入った通路にも同じ弓キキルンがいるらしいですが、
自分では行ってないので何匹いるのか本当にいるのか知りません。ギャハ。

んで、弓キキルンですが、非常に安全ですね。
計略入れてから魔法を強い順から撃っていって、
リキャストが回復したら強い魔法にまた戻る、
みたいな感じでひたすら魔法を撃ってるだけで勝てます。
キキルンの遠隔攻撃は弱いので適当にドレインしてれば良し。
猫だましは後ろ向いて魔法撃てば問題なし。
一匹だけ逃げるのがいますが、これも慣れればどうってことなし。
逃げるタイミングとかどこに逃げるかとか大体予測できます。
また、狩場にはシーフタイプが一匹だけ混ざってますが、
焦って釣らない限りはリンクしませんし、
リンクしても寝かせりゃ良いだけなので特に問題なし。

はっきり言って死にようがない狩場ですねココは。

ただ、必要なMPはペットより明らかに多いので、
タルタル以外の種族はMPブーストした方が安全かもしれないですね。
メリポでMPを鍛えている上にタルタルである俺様に死角は無かった。

ま、そんな感じでここでLv67まで上げました。
ペットより戦闘時間とヒーリング時間はかかりますが、
安定して釣れるし死の危険もないしサンクションボーナスあるしで、
経験値の稼ぎ具合はペット狩りと大差ないですね。

また、計略を初めて使ってみましたが、
なんつーか、「ときめき」を感じない魔法ですね。
所詮はMPを消費してダメージを与えるというだけでしかないので、
どうしても精霊魔法と比較し、同系列の魔法だと考えてしまいます。
そうすると、全く胸が踊るような心地になりませんね。
MP効率は良いので決して不要な魔法というわけではないですが、
計略っつーんだから相手の力を逆手に取るようなモノとかだった方が
面白かったよーな気がしてならない今日この頃、如何お過ごしでしょうか。
スポンサーサイト
変態さん(仮名)と暗黒君とレベル上げしときました。
ちなみに暗黒君は「からくりをメインジョブにする」と宣言していたので、
今後このブログ内ではからくりさんと呼ぶことにします。

というわけで変態さん(仮名)とからくりさんとでレベル上げしときました。
シ61学63か65という非常に微妙な三人組。

とりあえずは小手調べでクフタルのカニから。
うん、まぁ、弱いね。ま、丁度が混ざってるし。むしろ苦労したら驚く。
ちょっと弱すぎるのでシーフが62になったところでテリガンへ移動。

んで、何やらフィールドオブヴァラーというのができるらしいということで、
ついでにフィールドオブヴァラーバージンをロストしておきました。
時代遅れの俺以外は皆知っているでしょうから今更詳しく説明しませんが、
要はそこらへんをウロついてる雑魚を何匹か殺せばOKというだけですね。
ま、特に今更楽しいと思うほど新鮮味のある仕様でもないというか、
宝箱が出るのが真新しい点なんですかね?
良いモンが取れれば嬉しいのでしょーか。
とりあえず今回はプロエーテルが湯水の如く出てきました。

んで、テリガンのカニに移動したわけですが、カニ自体は非常に美味。
MP吸えるし攻撃もヘボイのでカニ相手ならヒーリングなしでいけます。
だがしかし、カニが少ない。我々のカニがほぼ常時絶滅しておる。
原因は多くの民どもがカニを狩ってやがるせいである。
お前らそんなにカニが好きか。俺は好きだ。

というわけでカニがいないのでサカナとかラプトルも食ったり。
サカナはやっぱり微妙に強いですね。ラプトルは足が長いだけですね。
つーか今思えばコリブリを狩れば良かったような気がせんこともない。

ま、そんなこんなでカニで学者Lv64になりましたカニ。
話を始める前に、お前らに言っておくッ!
俺がペット狩りをしている理由は二つあるッ!
  1. 漫画を読める。
  2. レベルシンクすると新しく覚えた魔法が使えなくて寂しい。
以上だ。

つーわけでペット狩り。
Lv60ではマムークのトカゲやビビキーのウサギあたりが適正らしいですが、
マムークの方はマムージャが動き回るせいで釣りがストーンになり、
それが学者的にはちょっと嫌かもと思ったのでビビキーに行ってみました。
まぁマムークの方は狩場を見に行ってないので分かりませんが、
グラビデで引きずり回すスペースがあるなら別に問題ないかと思います。

ビビキーでの主な狩場は(F-7)の南側、もしくは北東側にいるペットのウサギ。
どちらもかなり広めの安全地帯があり、
無事に釣れればペットに負けることなどアリエナイ感じの、
非常にマターリとした良い雰囲気でした。

南側
獣使いのゴブリンが非常に狭い範囲だけを動き、
それに連結した通路が割と広めの安全地帯になっています。
ただ、獣使いが湧く狭いスペースに抽選で他のゴブが湧くようで、
ソイツが湧いていると非常に釣りにくくなります。
湧いてなければかなり安定して良いペースで狩れますが、
他のゴブが湧いてるとなかなか釣れないことがあったりしました。

北東側
通路でやってる黒ソロをよく見かけますが、
グラビデで引きずり回す学者は通路でやるよりも、
ウサギを引っ張りながら壁沿いに崖下(G-7方面)へ向かう方が楽ですね。
ひょっとしたら、ここも抽選で、湧いてる時は湧いてるのかもしれませんが、
自分がやってた時は壁沿い崖下が広い安全地帯になっていて、
そこに向かってグラビデ精霊で引っ張ってやってました。


割と釣りやすいうえにマラソンスペースが広くて狩りやすい狩場で、
狩場も二つあるので取り合いすることもなく、結構なペースで稼げました。
さらに、場所が広いので、親バレしても頑張れば案外生還できたりします。

ま、そんなわけで結構サクサク稼げてLv63になれました。
数少ない友達の一人である変態さん(仮名)がシーフ61でスタンバイ。
なんとなく一緒にレベル上げしておきました。

グロウベルグ[S]にて シ/獣&学/赤 Lv60にシンクしてキノコの共食い。
北東の方にキノコ畑があったので、そこらへんで適当に狩り。

そーいえば学者にはエン系をパーティメンバーにかけられるという
数少ない特技があったなぁということを思い出し、
エンファイアを範囲化してみましたけど、案外良いですねコレ。
相手とのレベル差が大して無いのもあって、ほとんどレジ無し。
エンダメージ自体も、大きくはないですがゴミってほどでもなく。

構成上あまりケアルを使いまくるわけにもいかないので
変態さん(仮名)のHPが減っていても割と放置していたら
変態さん(仮名)がコロッと逝ってみたり、
調子に乗ってシーフカメに手を出してみたら
ちょっと強すぎたので逃げてみたりしたこともありましたが
比較的順調かつ地味に稼ぎ終了。


まぁ、その、なんだ。
キノコはやっぱりレベル上げで狩るべきモンスターじゃねーや。
なんかFF14が新ネトゲで来年リリース予定らしいですね。

まぁFF11に関しては、

あ、ありのまま今のFF11を話すぜ!
クリック連打ゲーじゃないと思っていたらマクロ連打ゲーだった。
何を言ってるか(以下略)


って感じで若干飽き気味っつーか、
戦闘周りのシステムを根本的に変えて欲しいと思っているので、
新しいのが出たら乗り換える気マンマンだったりします。

まぁ来年も暇だったらの話ですが。
たぶん今年は割りと暇なのでダラダラやってます。
お前らモグボナンザは買ったか?
俺は買い忘れた。
ま、当たるわけないから別に気にしてませんけどね。

ほ、本当だよ?本当に気にしてないんですよ?


それはともかく学者のレベルが60になったのでAF3クエをやっておきました。
クエストの内容はなんかゴタゴタがあった後に、
レイヤーエリアにて学者とガチバトル。勝てばオッケーという内容です。

まぁ所詮はAF3クエ。赤ならばソロで勝てるに決まっておる。
赤であればソロでAF3のモンスターには勝てるに決まっておるし、
ソロでAF3のモンスターに勝てないならば赤にあらず。
というわけでソロ(赤/忍)で飛び込んできました。

やってみた感じ、サポ忍全く意味なかったですね。
精霊光来の章(黒魔法範囲化)をかなり高確率で使ってくるので、
精霊魔法やアスピルなどを空蝉ではほとんど避けられず。
一方、通常攻撃は海串食ってファランクスしてれば一桁ダメ。
ってな感じだったので、空蝉はほとんど無意味。

むしろ敵のアスピルが非常に鬱陶しくて、
敵のHPが残りちょっとのところでこちらのMPが尽きたため、
何故か持っていたハイエリクサーを使ってみたりするハメになりました。
つーかハイエリクサーって硬直結構長いですね。
そして硬直しまくってても全然死なない程度に敵の攻撃は弱いですね。
たぶんこの相手ならサポ忍よりもサポ学で戦い、
リキャスト毎にアスピル・ドレインを使う方が良かったような気がします。

ま、そんな感じで無駄に高級かどうかも分からんアイテムを使いましたが、
AF3クエ自体はクリア。赤ならばソロで勝てるに決まって(以下略)
これで学者AFが揃いましたが、そういえば赤のAFって
未だに全部持ってなかったということを今更思い出してみたりしました。
AF3取りは戦闘があって面倒くさそうなので、放置してレベル上げ。
相変わらずペット狩りで、今度の獲物はブンカール浦[S]のコウモリです。

場所はブンカール浦に戦績ワープで飛ばしてもらったところから
ちょいと北へ行った(G-8)から(G-9)の境界付近。
狭くも広くもない程度の範囲を動く獣使いのゴブリンと共に、
非常に広い範囲を爆弾を設置しながら歩くゴブリンが配置されており、
たまに爆弾ゴブのせいでペットを釣れないことはあるものの、
基本的には釣りやすい部類の狩場ですね。
夜には骨も湧きますが、割とどーでも良い位置なので無視。

(G-8)側が非常に広い安全地帯になっているので、
親バレせずに釣れればグラビデ精霊で超が付くほど余裕の、
負けることなど有り得ないヌルイ狩場って感じです。
レベル57だと全部経験値250ですが、それでもコウモリ自体は余裕ですね。
ただ、このレベルまで来ると精霊魔法の詠唱時間が長いせいで
詠唱完了直後に親が振り向いて親バレ\(^o^)/
ってな現象がちょくちょく見られたので、
  • 疾風迅雷の章→ウォータIII→グラビデ→ストーンIII→サンダーII
って感じで釣りを若干早くして、できるだけ親バレしないようにやってました。

ちなみに親バレしても、戦績ワープがそんなに遠くないので、
疾風迅雷の章・バインド・グラビデ・スリプルを駆使すれば割と逃げられます。

ま、そんなわけでコウモリを狩りまくりレベル60になりましたとさ。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。