プロフィール

ダチなし


FINAL FANTASY XIをプレイしている友達の少ないタルタルの日記。今日もアリエナイ角度でひとりよがり中。
by ダチなし

初めて訪問した人向け

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
~前回までのあらすじ~
コリブリでレベル上げ。

んで、未だに前回の続きの話が続くわけですが、
続くっつーかもう終わりですけど、
全部経験値200のくせにサクサク殺せてサクサクレベルが上がりました。
開始時36だったレベルもあっという間に42。
まぁ全然あっという間じゃないですけど。6時間もぶっ通しでやってたので。
やる気に満ちたリーダーが次々と補充を呼んで終わりが来ないから困る。

もうこれ二十日も前の出来事なんですけど、
それを臆面もなく今頃になって日記として書ける俺に惚れろ。
スポンサーサイト
~前回までのあらすじ~
学者、微妙。


机上演習
いつの間にやら追加されていたアビリティ。
HPを消費しながらMPを蓄積し、蓄積した分だけ後で回復できる。
3秒毎に2HPをMPとして蓄積し、最大HPの4分の1まで蓄積できる。


まぁなんつーか、追加された経緯が容易に推測できるアビリティですね。
学者があまりに誘われなくて可哀想だからとりあえず追加した、的な。
でもリフレコンバより便利だといろいろ困るからこの程度の性能にした、的な。

もうちょっとエレガントな方法は無かったもんですかねぇ。
気持ちは分からんでもないですが、発想が短絡的すぎるように思えます。
まぁプラス要素しか無いのでこのアビ自体に文句はないですが、
何だろうこの失望感。もうちょっと頑張ってアイディアを出して欲しい感じ。

実際に使ってみた感じはそこそこ便利だけどそこそこ面倒な感じですね。
覚えるレベルにおいては最高のリフレ効果があるようなもんなので、
MPが尽きることなく連戦を続けることが可能。まぁ便利です。
でも使ってる間はヒーリングできないとか、
立った瞬間に忘れずに机上演習を使わないといけないとか、まぁ面倒です。

黒[白]の補遺
黒[白]のグリモア中に使用することで
特定の黒[白]魔法が使用可能になる。


このアビを使用することで特定の魔法が使用可能になる。何という罠。

率直な感想は、非常に面倒くさい。
白グリ状態からスリプルを使用するためには黒グリ→黒補遺と
二連続でアビを使用しなければならないわけで、さすがに面倒。
いくら温厚な俺様でも頭に北半球と叫びたくなります。

グリモアの切替えも1分制限があるので簡単ではないですし、
ある程度は計画的にアビリティを使っていかねばなりません。正直面倒。
というより、単純に学者というジョブを誤解していたのかもしれないですね。
現時点の仕様では、学者は黒魔法も白魔法も使える人、というよりは
パーティ構成に併せて黒魔法か白魔法かどちらか選べる人、って感じですね。
両方とも使おうとするのはかなりきつい。
つまり、両方使うのが許されるのは勇者様だけ!という神様からのメッセージ。

まぁ要は赤の代わりはしんどい、っつーか無理ってことです。
白とか黒の代わりなら、魔法に制限はありますが、性能的には可能だと思います。
ま、ヘイストが無いので白の代わりとしては致命的ですがね。
さらに黒の代わりなんか普通のパーティには不要ですね。ハハハ。


ま、もうちょっと使いやすいジョブにならないもんですかね。
現代はユビキタスとか言っちゃってる時代だぞコノヤロー。
この使いにくさは時代に逆行しすぎている。
・・・あ、だから滅んだのか。
なんか納得した。
~前回までのあらすじ~
コリブリ・・・弱い。
テントウムシ・・・昼間強い。


狩りが始まる前に俺は魔法欄を見てみた。
何故なら、俺は知っていたからだ。
学者に魔法が追加されたということを。
俺が引退(笑)していていた間、学者に魔法が追加されただろう?
ふっ、俺だって情報弱者じゃぁない。その程度、当然知っている。

故に俺は魔法欄を見てみた。そしたらあるじゃぁないか。
スリプルとディスペルがよぉ
ハハハ、これはもう赤を食ったも同然ですね。
リンクしてもおk、コクーンされてもおk。バッチ来い。
文字色が灰色だったが、黒のグリモア中なら使えるってことだろ?
ハハハ、その程度のこと、お見通しだ。
さぁ、楽しい楽しい狩りの時間の始まりだ。


~~~とあるテントウムシと戦闘中~~~

あれ?俺なんか殴られてるぞ?
どっかから湧いてきたテントウムシが俺を殴ってる殴ってる。
痛い痛い。でも大丈夫。俺にはスリプルがある。
ハハハ、眠りやがれ。必殺の黒のグリモア→スリプルのコンボを食らいやがれ。

俺はスリプルを詠唱できない。

・・・あれ?

もう一発マクロを押して・・・

俺はスリプルを詠唱できない。

・・・んー・・・

/(^o^)\ナンテコッタイ

俺はテントウムシに殺された・・・

やれやれだぜ。
~前回までのあらすじ~
楽しい楽しいレベル上げパーチーに誘われたダチなしさん。
狩り場である東ロンフォール[S]にとうとう辿り着くことができました。



東ロンフォ[S]に着くと同時にパーティ勧誘。はえー。
たぶん来るのが遅いからイライラしながらサーチ連打とかしてたに違いない。
ううん、知らないけどきっとそう。っていうフレーズもう時代遅れですか?

まぁそんな妄想はともかくレベルシンクしているパーティに誘われると、
それと同時にレベル制限がどうだのとかいうメッセージが出るんですね。
パーティに入るとLv37に制限されるから注意しろとか言われましたよ。
まぁこっちはLv36だから制限もクソもねーよって感じでしたけども。

んで入ってみたら忍モ竜シ赤学、みたいな構成でした。若干うろ覚え。
獲物はコリブリ、時々テントウムシ。
・・・はは~ん、分かったぞ。
何もかも分かったぞ。
Lv48くらいの竜騎士の人がリーダーやってましたが、
コリブリ相手だと俺TUEEEEできるし美味いからここで粘りたいのですね?
ははは、こやつめ。気持ちは分からんでもない。
そしてLv50を超えたらアトルガンのコリブリに行くのですね?
そしてLv75までコリブリを狩り続けるわけですね?

オーケー。お前の気概は把握した。ならばコリブリだ。
アトルガンのレベルに到達するまで、ここで粘ろうではないか。


・・・あれ・・・?パーティメンバーをよくよく見てみると・・・


スコハネ着たシーフがおるとです・・・
レベルアップ時にLv68と判明して吹いた。
どんだけここで粘っとんねん。
~前回までのあらすじ~

東ロンフォール[S]への行き方を忘れたダチなしさん。
このままでは楽しい楽しいパーチーに参加できません。
そこで考えた秘策とは・・・?


とりあえずググりました。「東ロンフォール[S] ワープ」あたりで。
ごめんな。俺、攻略情報は見ないって決めてるんだけど、FFだけは別なんだ。
そしたら戦績ワープというものがあったことを思い出させられました。

でも以前は過去ウィンダスがほぼ常時戦闘状態だったから使えなかったよな~、
と思いつつカンパニエ情報を見てみたらアラビックリ。
何があったのか分かりませんが、かなり連合軍優勢になってますね。
ワープなんか使い放題じゃありませんか。

っちゅーわけでまずは過去ウィンダスへ。
これは覚えてる。俺、覚えてるよ。
あるでしょ?一発で飛べる魔法あるでしょ?
知ってる知ってる。名前忘れたけどそんな魔法があることは知ってる。
あった。それっぽい魔法あった。リトレース。これだろ?
確か過去ウィンダスのモグハウス前に一発で飛ぶだろ?そうだろ?

使ってみたらウィンダス水の区の入口でした。
微妙にモグハウスまで遠いっちゅーねん。

だがしかし、その程度じゃ俺は挫けない。
すぐにモグハウスへ直行。愚痴る前に体を動かせ。モグハウスなどすぐそこだ。
モグハウスで学者36にジョブチェンジ。完璧だ。
さぁあとはワープ・・・の前に過去版のサンクションみたいなのあったな。
水の区の入口で油売ってるやつから貰えたはずだ。
確かリフレを付けられたような気がするし、貰っておくべきだろう。
入口までは少々距離があるが、行ってやらんこともない。

油売ってる奴 < 君の勲章は期限が切れてるからうんたらかんたら
何・・・だと・・・?
貴様・・・俺が最下級兵士だと知っての狼藉か?

参照・過去ウィンダスの配置

リトレース → モグハウス → シギラー → 格付け → シギラー → ワープ。
いちいち距離が微妙に離れていて怒りゲージが貯まっていきます。
超久々にログインしました。

そしていきなりレベル上げ。
普通の人は久しぶりにログインしたら知り合いに挨拶とかしつつ、
「久しぶりにENMでも行こうよ^^」「そうだね^^」みたいな
反吐が出るようなヌルイ会話を繰り広げるのでしょうが、
自称ゲーマーの俺様は格が違った。
そんなヌルイステップは吹っ飛ばして野良のレベル上げへGO!
学者のレベルが36と中途半端だったので、なんとなく上げに行ってきました。

レベルシンクとかいう新制度が導入されたようで、
サチコメを見てみると皆「レベルシンク:○」とか書いてるじゃありませんか。
早速完璧に真似して自分も「レベルシンク:○」と書いておきました。
どうやってレベルシンクするのかも分かってませんでしたが。
あと、どーでも良いですがシンクロをシンクと略す文化は日本には無いので、
日本語訳はレベルシンクロとすべき。ほんとどーでも良いですね。

んでブラブラしてたらレベル48くらいの人からお誘いが。
フッ、さすがレベルシンクだ。その程度のレベル差、何とも無いぜ。
オッケー、ベイベ。この学者様の力が必要なら貸して差し上げます。
んで集合場所はどこかね?ん?
何・・?東ロンフォール[S]・・だと・・・?
どうやって行くか、もう忘れたわっ

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。