プロフィール

ダチなし


FINAL FANTASY XIをプレイしている友達の少ないタルタルの日記。今日もアリエナイ角度でひとりよがり中。
by ダチなし

初めて訪問した人向け

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天候が魔法命中に影響しているかどうかの検証が、
結構簡単にできるかもしれないと最近ふっと気づいたりしました。
結果はたぶん予想通りなので、わざわざやる価値があるかは微妙ですが。

ボルトジョブのサポ上げが終わったらやるかもしれない。
スポンサーサイト
まーたシーフ上げ。
なんつーか、狩人の時とほぼ全く同じことやってるので
驚くほど同じようなことしか書けませんな。

Lv12になってクロスボウが装備できるようになり、
ついでに競売にブラインボルトが出品されていたので購入して試し撃ち。
こりゃTUEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE
サポモの格闘とは次元が違いますな。
狩人の時と同じくザコが一撃で昇天していきます。

サルタバルタでザコ共を蹂躙してレベル13にしておきました。
とんずら目指してシーフ上げ。
中途半端にLv10まで上げてあるので、そこからスタート。

どの武器を使うか迷うところですが、とりあえずサポモで格闘に。
シーフだけあって攻撃力は非常に微妙で、
低レベルでは得意の回避も大したことないので、ぶっちゃけ弱いですね。

サルタバルタで楽をひたすら狩り続けて、レベル12にしておきました。
そういえば数日前にサルベージに行きました。
ボス狙いでまたバフラウに行きましたが、時間切れ。
初心者がいたという部分もあるかもしれませんが、
それにしても相変わらず一層目に時間をかけすぎな感じでしたね。
一言で言ってしまうと諸々の判断が遅いですね。
各自の意識改革がまだまだ必要ですな。

いろいろと工夫の余地があるのがサルベージの良いところですか。
相変わらず狩人上げ。

レベル14になると流石にサルタバルタでは稼ぎにくいので狩場移動。
ランペールの墓にて魅惑のミミズ狩り。

ヒラメのムニエルを食してミミズ相手にプスプスプスプス撃つ撃つ撃つ撃つ。
流石は狩人。余裕で当たりまくりんぐでした。

アホみたいに稼げて、ムニエルの効果が切れる頃には既にレベル18目前。
その後はソーセージを貪って、アッサリレベル18に到達。
サポのサポとしては十分なので狩人はこれにて終了。
今日も今日とて狩人アゲ。

なんつーか、新しい武器が使えるようになった直後はアホ強いですな。
低レベルでは武器の性能が突出してますね。

忍者は空蝉のおかげでヒーリングいらずでしたが、
狩人は敵が一撃で死ぬのでヒーリングいらず。
サルタバルタでレベル14まで粘り上げましたとさ。
新ジョブが追加されたら低レベル狩り場混むなぁ、ってことで
久々にサポ上げでもしておこうかと思い立ちました。
とりあえずボルトジョブを上げたいんですけど、
そのサポには狩人が良さげなのでひとまずカリアゲから。

つーわけでレベル1からスタート。
弓は当たればそれなりに強いけど、それほどでもねーなーとか
思いつつチクチクやってたらアッサリレベル5に到達。
そこでロングボウ+1に武器を持ち替えたところ
TUEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE
なんか凄まじいダメージが出ます。
片手剣の5倍くらいのダメージが出ます。
おかげさまで楽な敵は一撃で沈みます。

というわけでひたすら楽な敵を一撃で葬り去り、
アッサリレベル9に到達しましたとさ。
なんだか楽しいバージョナポーがあったらしいですね。

両手武器
攻撃力と命中のSTR,DEX依存性が変化し、さらに攻防関数も弄られ、
革命的に強くなったみたいですね。
そこに弱体化を仄めかす告知が来て一波乱あったみたいですが、
結局さほど弱体されるわけでもなく、良い具合に強くなったとか。
Lv75では妥当な修正なんでしょうけど、レベル上げにおいては
両手武器が強すぎるという状況になっているんじゃないですかね。
Lv75での二刀流係数やマーシャルアーツを前提に、
片手武器と両手武器のバランスを取るのもどうかと思いますが。
レベル上げで片手武器や盾を装備するメリットはあるんですかね?
まぁ滅多にレベル上げしないからどうでも良いんですけども。

とりあえず、レベル上げにおける黒のアタッカーとしての立場は
どんどん無くなっている気がしますな。
まぁレベル上げに限らず、偏った構成(黒パーティでの時間合わせガ系等)や
特定の状況(TPを貯めさせたくない or 物理攻撃が効かない等)以外では
黒は元からアタッカーとしてはそれほどでもなかったんですけれども。
ま、ボスクラスのモンスターとの戦闘に向いているだけまだマシですか。

パンクラティオン
鏡とか板とか、詳細は違いますが、要はポケモンですね。
モンスターを捕まえて強化して他の人のモンスターと戦わせる、
というのと内容的には全く同じですね。
何やら大人気らしいですね。試合権の取り合いだとか。
結構興味はあるんですが、別に取り合いをしてまで
ヴァナでポケモンやりたいわけでもないので暫く様子見ですな。

個人的にはキモいワモーラ軍団を作りたい。
ブログに関して、いろいろと細かい修正をしました。

ナイズルのヘッドに関する項目を主にアップデートしましたが、
未だにいくつかのヘッドに関しては詳細不明ですな。

Vanilla Custardは遭遇したことが無いので未確認ですが、
用語辞典NAのサイトを見る限りでは自画自賛を使うらしいですね。
ただ、どちらも情報ソースとして信頼に値するかは微妙なサイトですが。
Vile Wahdaha と Vile Ineefも未だに特徴が不明。
IneefがWahdahaやYabeewaに比べて弱いような印象はありますが、
特徴と言えるほどのものは掴めてませんね。
Quick Draw Sasaroonも微妙なところですね。
「猫だまし多用」と一応書いてはいますが、別にさほど多用しません。
数回戦った感触では、カイボッシュも同じくらいの頻度で使います。
なので、おそらく別の特徴があるものと推測しています。

あと、NAのサイトを見るとEririとUririの特徴が逆になってますね。
ただ単にNAの認識が間違っているのか、それともバグで
名前と特徴の対応が日本版とNA版で変わっているんですかね。
そういえば、キキルンの名前と特徴の対応もおかしいですよね。
Stealth Bomberといういかにも地雷を置きそうな名前のヤツが装備を剥し、
Gem Heisterといういかにも装備を剥しそうな名前のヤツが地雷を置く。
これ、たぶん名前と特徴の設定を間違えてますよね。
おそらくシーフタイプのGem Heister Roorooroonが装備を剥し、
黒魔道士タイプのStealth Bomber Gagaroonが黒魔法を使用する代わりに
地雷を設置しながら逃げ回る、というのが想定されていた設定だったのでは。
現状、Stealth Bomber Gagaroonはヘッドの中でも弱すぎます。
そしてGem Heister Roorooroonは面倒くさすぎます。


黒背景にも飽きてきたのでブログのテンプレを大幅に変えたいんですが、
いかんせん過去の記事において色の整合性を取るのが面倒なので
結局変わりそうにない雰囲気です。
黒背景の割には比較的読みやすく書いているつもりなんですが、
やっぱり白背景の方が読みやすそうなんでそっちにしたいところです。
ここ一ヶ月のFF活動について。

ナイズルアサルト
旅立つ直前に一回だけ参加。その時に100層に行きました。
100層ではキマイラが出てきましたが、2hアビ祭で瞬殺。
フルミネーションに期待してましたが、使われることなく終了。

サルベージ
これも旅立つ直前に一回だけ参加。バフラウにボス狙いで行きました。
モ狩ナ白赤吟 黒 の7人で5分ほど残してボス撃破。
殴る人を減らせば減らすほど楽だということが分かりました。


これも一回だけ参加。ザルカだったような記憶があります。
語るほどのことは何もありませんでしたね。


これだけですな。
イギリスとイタリアに行ってきたんですが、その感想。

続きを読む »

ネットの無い環境からネット依存の環境へ舞い戻り。

日本暑い。蒸し暑い。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。