プロフィール

ダチなし


FINAL FANTASY XIをプレイしている友達の少ないタルタルの日記。今日もアリエナイ角度でひとりよがり中。
by ダチなし

初めて訪問した人向け

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無期限更新停止。
スポンサーサイト
そういえば、特務曹長に昇格しました。

相変わらずヌルすぎて焦りますが、まぁそこが良いところですか。
というわけでサルベージ。
せめてボスに十円キズくらい付けようということでまたバフラウ。

1層
今度は西へ。ワモ幼虫を無視してボムだけシバキ回して奥へ。
成虫を倒して魔法解除を取ってから、改めて幼虫狩り。
何故か遠隔が出なかったですが、出るまでやっとくべきでしたかね。
んで、ボムNMがいたので2hアビ使ってボムヌッ殺して門pop。
お仕置き部屋に飛ばされてNM湧かせタイム。

メンドクセーので細かい説明はしませんが、何をするかっつーと、
お仕置き部屋というところに門が一匹いて、コイツがHPと引き換えに
次々とモンスターを召喚します。その中に稀に固有名のNMが混じっていて、
そのNMが稀にサルベージ装備用の素材アイテムを落とします。
サルベージをやる目的はその素材アイテムですので、
NMを湧かせてくれるのを祈って召喚されるモンスターを倒しまくるわけです。

まぁこの説明を聞いただけで想像できると思うんですけど、
この作業は全く楽しくありません。
ゲームになってませんね。努力でどうになるモノではありませんし。
次々と湧くチゴーをひたすらプチプチプチプチ潰してましたが、
門が死ぬまで結局NMは湧かず。
仕様が分かってるからつまらなく感じている部分もある気はしますが、
それでもやはり、どう贔屓目に見ても面白くないですねコレは。

2層
プリン2匹倒した時点で全員の魔法解除ができたので北東へ。
ステ解除アイテム狙いで倒しまくりましたが、若干倒しすぎた気も。

3層
ほとんど無視。入り口で適当にシバいている間に一人がワープへ移動。

4層
結果から言えば全部無視した方が良かったですな。
ボスの弱体に繋がるということで戦車やらギアやら少々やりましたが、
時間に余裕が無かったので中途半端な数を倒しただけでしたし、
全く弱体しない場合の強さを知っておいた方が後に繋がった気がします。

5層
ボスに攻撃を開始した時点で残り7分程度。ま、時間足りませんな。
とりあえずボスの強さがどのくらいか分かったことと、
ホーミングミサイルを実際に食らってヤバさが分かったことで
それなりに収穫はあったような気はします。

まだまだ時間配分とか煮詰める必要がありますな。
慎重なのは良いですが、全体的に他人の様子を伺いすぎて
ロットパスがかなり遅いですし、一層に時間をかけすぎている感じです。
定例のナイズルアサルト。
頻度が減る、かと思いきやサルベージが週一という、
サルベージマニアに言わせれば「やるだけ無駄^^」な頻度なので
ナイズルの頻度は特に変わらぬまま。

忍戦シ青吟赤で20ブロック狙い。

71回目
16:敵の殲滅。(アモルフ)
17:ランプの点灯。(手順5個)
18:特定モンスターの殲滅。(戦車5匹)
19:敵の殲滅。(ヴァーミン)

19ブロックの目標達成時点で残り4分だったので脱出。
・・・しましたが、今思えば突っ込んでおけば良かったという感想。
脱出してもトークン600くらいだったので、別にどうでも良かったですね。

72回目
16:特定モンスターの駆逐。(対象失念)
17:敵のヘッドの駆逐。(Mokka)
18:ランプの点灯(同時5個)
19:特定モンスターの殲滅。(カエル5匹)
20:敵のヘッドの駆逐。(Fafnir)

駆逐系があると楽ですね。10分以上余らせて20ブロック到達。
Fafnirにはハリケーンウィングを連発されてきつかったですが、
こちらのMPが尽きたところであちらのHPも尽きたようで無事勝利。

73回目
16:特定モンスターの駆逐(Mousse)
17:敵の殲滅。(アルカナ)
18:特定モンスターの殲滅。(戦車5匹)
19:敵の殲滅。(リザード)
20:敵のヘッドの駆逐。(Behemoth)

殲滅系多めでしたが、駆逐が一発混じっててくれたので問題なくクリア。
HNM層ではゴリアードクロッグドロップ。

74回目
16:特定モンスターの駆逐。ギアに注意(Bouncing Ball)
17:敵のヘッドの駆逐。(Mint Custard)
18:特定モンスターの殲滅。(インプ5匹)
19:特定モンスターの駆逐。(Ameretat)
20:敵のヘッドの駆逐。(Behemoth)
21:ランプの点灯。ギアに注意。(同時5個)

語ることも無いような楽なモンばっかりでした。
最後のブロックで一人落ちたので戻るのを待って脱出。


ナイズルは、報酬はショボイけどやはり楽しいですな。
まぁ全然MMOって感じじゃないですけど。
野良でもやりやすくなればな~、と思わざるを得ない。
とりあえずこれを見ればMaridの足の遅さが分かる。
FF11 せんしw vs Marid(Youtubeへのリンク)
というか、星眼心眼凄いですね。

ポイズンのヒットとハーフを見分けるには時間を計る必要がありますが、
これは実は結構楽です。というのは、15秒か30秒かの二択だからです。
例えば次のようなマクロを使用してポイズンを発射すれば、
「効果が切れた」のログの位置で効果時間が15秒か30秒か分かります。

/ma ポイズン
/wait 17 (ハーフだった場合、ここに「効果が切れた」ログ)
/echo 17秒経過
/wait 15 (ヒットだった場合、ここに「効果が切れた」ログ)
/echo 32秒経過

ですので、ストップウォッチを持って時間を計る必要などありません。
マクロだけで対応可能です。
注意点は、wait中に別のマクロを押すとwait以下はキャンセルされるので
「効果が切れた」ログが出るまで別のマクロを押さないことです。
Maridはバインドもグラビデも不要なので、押す必要も無いはずです。

マラソン場所はワジャーム樹林北西の建造物の周囲が良いと思います。
周囲をグルグル回るだけで延々とマラソン可能です。
注意点は、同じ方向に回り続けると徐々に気分が悪くなるので、
たまに逆方向にも回るようにすることです。

私は前回の検証で各パラメータで3000回程度の試行数を稼いでますが、
私はツマラン反論を受け付けたくなかったのでそこまでやっただけで、
実際問題、10%以上の差があれば1000回程度で十分検出できます。
とは言え、ポイズンは一時間に100発程度撃つのが限界なので、
1000回でも10時間くらいかかりますけどね。

検証相手・場所・方法すべて示しました。
というわけで、誰かやってくれませんかね?
まぁ凄く大変な作業なんですけどね。
自分で言うのも何ですが、かなりの精神力と時間を必要とします。
非常に孤独な作業ですし、理解者もなかなかいないでしょう。
有形のもので残るものは何もありません。
下手すると捏造と言われたりもします。

ですので、やるなら相当な覚悟が無いと達成できない、
もしくは達成しても腐ってしまう可能性もあると思いますが、
気概があるならば是非挑戦してみて下さい。
プレイヤースキルは不要、完全に精神力の戦いです。

ちなみに、赤だと命中キャップに到達してしまうと思うので、
やるのであればジョブは黒・暗・白あたりが妥当だと思います。
Maridの特徴について解説しておきます。

ノンアク・ノンリンク
アクティブかどうかはどうでも良いんですけど、
リンクしないので釣りやすいです。
ただ、稀に湧くGrand Maridはリンクするようなので、
そいつが湧いたら掃除するのが無難だと思います。
湧いてるのを見たことはありませんが。

魔法を使用しない。
光エレはブリンクがウザイ、と書いたんですけど、
実際は魔法を使用することそのものがウザイです。
光エレ以上に検証しやすい敵となると、
当然魔法を使用しない敵が真っ先に候補に挙がります。

足が遅い。
これは予想以上でした。マジで足が遅いです。
どのくらいの遅さかと言うと、グラビデのかかったデーモンくらいです。
マーリドが遅いと言ってるんだかデーモンが速いと言ってるんだか
よく分からない表現ですが、とにかくそのくらい遅いです。
バインド・グラビデは不要。普通に走るだけで殴られずに済みます。

レベル78~79
Lv78は「強そう」、Lv79は「とても強そう」表示なので、
調べて強さの表示を見るだけで一瞬でレベルの同定が可能です。

ワジャーム樹林に生息
アトルガンに生息しているので、サンクションリフレシュがあれば
ポイズン連打でMPが尽きることはありません。
また、ワジャーム樹林の北西の建造物の周囲にはモンスターがおらず、
建造物をグルグル回るというマラソンルートを確保できます。

嗅覚追尾
嗅覚追尾持ちなので、タゲが切れる心配がありません。
これは二つの利点があります。

一つはマラソン中にタゲが切れる心配が無いことです。
ワモーラを黒ソロで狩っている人ならよく経験していると思いますが、
嗅覚追尾の無いモンスターは、グラビデが入った状態で
引きずり回すと簡単にタゲが切れます。
これはワモーラに限らず、アーンでもエレでも簡単に起きます。
それは嗅覚追尾が無いからです。
生息範囲外でタゲ切れが起きた場合、10秒以内にヘイトリストに
再度自分を載せないと、モンスターが消えてしまいます。
土エレにウォータを連打した時はこれのせいで幾度となく
レベルを調整したエレを消してしまって涙を飲みましたが、
嗅覚追尾持ちは特殊な条件を満たさないとタゲ切れは起きないので、
マラソンが非常にしやすくなります。

そして二つ目の利点。一つ目と似たようなものですが、
マラソンスペースに釣ってきやすい、という利点があります。
スリプルでヘイトを載せて放置し、自分は安全なマラソン広場に移動。
嗅覚で追尾してくれるので、待っていれば勝手に向こうから
マラソンスペースにやってきてくれます。非常に楽です。
ただ、足が遅いのでマラソンスペースに来るまで時間がかかります。

時間経過でモードチェンジしない。
Maridは牙が折れる、というモードチェンジがありますが、
これは直接ダメージを与える行為でしか起きません。
ポイズンを入れるだけなら、モードチェンジは起きません。

バインド・グラビデ・スリプル全て効く。
足が遅いのでバインド・グラビデは実は不要です。
ちょっと休憩したい時にスリプルを入れましょう。

放置されている。
たまに素材狩りの人が狩るくらいで、基本的に放置されています。
少なくとも枯れるほど狩られるようなモンスターでは無いので、
安心して2時間でも3時間でもキープできます。
まぁ実際は疲れるので1時間くらいで休憩を入れた方が良いですが。
正解者にはプレゼントは無い・・・と言いつつ、正解者がいたら
動画でもプレゼントしようかと思っていた時期が僕にもありました。
正解者どころか回答者すらいませんでしたが。
というわけで解答です。

弱体魔法のレジ率検証にうってつけのモンスターの特徴は以下の通り。
  • ノンアク・ノンリンク
  • 魔法を使用しない。
  • 足が遅い。
  • レベル78~79
  • サンクションの効くエリアに生息している。
  • 嗅覚追尾持ち。
  • 時間経過によるモードチェンジが無い。
  • バインド・グラビデ・スリプル全て効く。
  • 基本的に放置されている。
これに該当するモンスターは一匹しかいませんね。
ワジャーム樹林のMaridです。
もうちょっとやってみてから書こうかと思ってたんですけど、
暫くの間やる予定も無いし、誰かが代わりに検証してくれたら楽だし、
コメントで質問された方がいたりもしたので、
弱体魔法のレジ率検証の相手について書いてみます。
と言っても今日はヒントだけだけどな。
こんなマニアックなブログを読んでる人はきっとマニアックに違いないので
クイズとかが好きに違いない、ということでクイズ形式だコノヤロー。

まぁ要は弱体魔法のレジ率検証にうってつけの相手が何なのか、
FFのプロなら当ててみやがれってことですよ。

ヒントその1
「弱体魔法のレジ率検証」と言っても、そもそも何を検証するのか?
目的を明確にしない限り、それに最適な相手が分かるはずもありません。
我々が実用上最も関心があることは、弱体魔法の命中率に関する、
スキル・魔命・パラメータ(INT or MND)の相対的な価値でしょう。
黒系弱体に関してはそもそもINTが影響するのかどうかすら不明です。
これを検証するためにはそれぞれ別個にブーストして、
命中率がどのように変化するかを見る必要があります。
そのためには、ある程度弱体魔法をレジストして頂く必要があります。
さもなくば、命中キャップに到達してしまうので、
命中率の変化という情報をデータから抽出することができません。

ある程度弱体魔法をレジストしてくれる相手でなければならないので、
黒ならつよ~とてクラス以上、赤ならとて~とてとてクラスを
相手にしなければこの条件は満たせません。

ヒントその2
次に、弱体魔法のレジスト率、と抽象的に言ってますが、
実際に検証するには具体的に魔法を決めなければ検証できません。
ではどの魔法を使うのか?
弱体魔法はログを見ただけではヒットとハーフを区別できません。
というのは、弱体魔法のハーフレジストは効果時間が半分になるだけで、
その他の効果は何も変わらない(と思われている)からです。
その効果時間ですら弱体魔法にはランダムと固定のものがあり、
時間を計ったところでヒットとハーフを明確に区別できるものは
スロウ系・スリプル系・ポイズン系しかありません。
スロウ系は効果時間が長すぎて試行数を稼ぎにくいので、
スリプルとポイズンしか試行数を稼げそうな魔法は残りません。
さらにリキャスト・効果時間・消費MPを考えると、
スリプルよりポイズンの方が圧倒的に試行数を稼ぎやすいです。

というわけで、弱体魔法の検証に使いたい魔法はポイズンです。
基本効果時間30秒、ハーフで15秒、リキャストは正確には覚えてませんが、
非常に短いのでフルレジされてもすぐに次のポイズンを撃てます。

ヒントその3
最後のヒントとして、光エレについて。
実は最適なモンスターを発見する前は、光エレでやろうと思っていました。
光エレの利点は以下の通りです。
  • ストンスキンの効果時間中は、ポイズンが効いていても寝かせられる。
  • 土エレで散々マラソンしたので慣れている。
  • MPが吸える。
  • バインド・グラビデ・スリプルすべて効く。
  • 安全なマラソンスペースがあり、釣るのも容易。
  • スタンが効くので危険な魔法は止められる。
  • 調べるだけで一発でレベルを同定できる。
  • つよ~とてなので、黒程度の弱体魔法スキルならレジストしてくれる。
  • ショック・バーン共に効く。
最後の点はオマケのようなものですが、黒系弱体魔法の命中率の、
相手側の参照パラメータはMNDであろうと予想しています。
それを調べるには、ショックとバーン両方効いてくれるのが最良です。
少なくともショックは効いてくれなければ困ります。
土エレはショックが効かないので候補から外れました。
バーンは別に効かなくても良いので、火エレでも良いですが、
火エレは水弱点なので、そこがどう結果に影響するか不明なのと、
バインドが効かないのでマラソンが若干面倒になります。
ついでにバーンを食らうとINTが減少することに注意です。
要するに面倒くさい相手なので火エレは却下です。

光エレはブリンクを使ってくるという非常に痛い特性があります。
ブリンクを確実に消そうと思ったら範囲魔法を使わなければなりませんが、
マラソンスペースには鳥がウヨウヨいるので範囲魔法は使いにくいです。
ブリンクさえなければ光エレは最適な相手だったのですが、
ブリンクのせいで俺の中ではイマイチな候補に成り下がっていました。


ヒントは以上だ。各自の健闘を祈る。正解者へのプレゼントは無い。
お盆前ということで忙しい、と言うほどでも無いんですけど、
あまりFFをやる時間が無くて書けることがありませんな。
8月は帰省、9月は海外出張と、いろいろイベントが多いので
暫くの間は定例活動くらいしか書くことが無さそうな雰囲気です。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。