プロフィール

ダチなし


FINAL FANTASY XIをプレイしている友達の少ないタルタルの日記。今日もアリエナイ角度でひとりよがり中。
by ダチなし

初めて訪問した人向け

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もはや語ることの無いフ・ゾイのIx'aern狩り。

12回目
マラソンスペースに引っ張る途中にNMのタゲが切れたものの、
雑魚のタゲが切れてないという悲惨な状態になり変態さん(仮名)死亡。
俺様が釣ってマラソンスペースに運んでみたら雑魚が来なかったので
そのままマラソン。

13回目
マラソンスペースまで引っ張ったら何やらいろいろ来たので
死んでもらってタゲ切り。あとはいつも通り。

14回目
同じく大量にやってきたので死んでもらってタゲ切り。


善根が一個出ましたとさ。
スポンサーサイト
テーマ : FINALFANTASY XI - ジャンル : オンラインゲーム
未クリアのアサルトをクリアしまくっていたら伍長昇進クエが発生したので
伍長になっておきました。

というわけで、早速ルジャワン伍長アサルト「黒羊買付作戦」に行きました。

攻略とかはWikiのココを見れば勝つる。

つるはしで鉱石を掘ったり、草刈鎌で野菜採ったり、ギャンブリしたり。
確か「アサルト」という単語は「急襲作戦」という意味だったと思うんですが
これは「急襲」なんですかね。
「急襲」という言葉の意味を教えてくれないか?

ま、それはともかく、このアサルト自体は非常にお手軽ですね。
戦闘も無いし、制限時間も15分と短い。これはとてもラク。
さすが伍長ともなると格が違う。
キキルン爆発物陳列罪
テーマ : FINALFANTASY XI - ジャンル : オンラインゲーム
いつまで続くんだか全く分からないIx'aern狩りにまた行ってきました。
いつも通り数少ない友達の一人である変態さん(仮名)と二人。

10回目
いつも通りに掃除していつも通りにマラソンスペースに運ぶ。
詩人アーンだけ付いてきたので華麗に掃除。
いつも通りにマラソン。いつも通りのドロップ・・・かと思いきや、

Ix'aernは無瞋の善根を持っていた!
イラネー

というわけで善根ドロップ。まぁ売れるだけマシですかね。

11回目
いつも通りの流れ。でしたが、忍者と竜騎士がオマケで付いてきました。
どちらも倒すのはダルかったので、変態さん(仮名)に死んでもらって
タゲ切り。その後は普通にマラソン。ドロップは何もナシ。

そろそろ出してくれないと頭がおかしくなって死にそうなんですが、
頭がおかしくなって死んでからが本当の勝負ですかね。
テーマ : FINALFANTASY XI - ジャンル : オンラインゲーム
ペリキア一等アサルト「レクイエム作戦」に行ってきました。

攻略とかはWikiのココを見ると経験が生きる。

ま、これも単なる殲滅系アサルトですね。
骨・オバケ・カエルがいるんですが、コイツラ全部ララバイで寝るので
詩人いりゃ残りのメンツは死なない程度に前衛だらけにしとけば良いです。
詩人いなくてもリンクするわけではないので、HPに気をつけるか
安全地帯に引っ張って戦うかすれば普通の構成でOKです。

竜騎士タイプの骨が呼び出す小竜だけは寝ないらしい(試してないので
本当かどうかはシラン)ですが、小竜は殴りでも瞬殺できるので問題になりません。

特に問題なく、ナモ青赤吟の5人でアッサリクリア。
このアサルトもポイントショボイので、二度と行かないと思われます。
テーマ : FINALFANTASY XI - ジャンル : オンラインゲーム
レベロス傭兵長アサルト「土筆作戦」に行ってきました。

攻略とかはWikiのココを100億万回読めば分かる人も稀によくいるらしい。

ま、ドラゴンを避けながらスイッチを探す、というだけですな。
自分は未経験だったので、奥の方は手馴れた方々に任せて近いところを
探そうと思って、一番近いところ行ってみたら・・・
土筆作戦swith画像
アッサリ発見。
というわけでその場で待機を命じられ、暇を持て余すことになりました。

シャウト主の方がドラゴンに見つかって何度か死んでましたが、
自分にはどうしようもないので待機。
どころかマンガ読んでました。すいません。だって暇だったんだもん。

ま、そんなこんなで特に問題なくクリア。
ポイント的には土竜4人と大して変わりないわけですが、
死ぬ可能性があるのでシャウトが少ないんですかね。
テーマ : FINALFANTASY XI - ジャンル : オンラインゲーム
イルルシ上等アサルト「蠱物駆除作戦」に行ってきました。
ポイント的にはショボイんですが、未クリアだったので行ってみました。

攻略とかはWikiのココでも見やがれ。

ま、殴ってモンスターを全部倒すだけですわな。
Wikiにはスライム用に黒がいた方が良いとか書いてあるので、
自分は黒を指定されましたが、正直なところ黒は別にいりません。
前衛の殴りで普通にスライムも削れます。
サポ忍にしておけばTP技も特に怖くないです。

殲滅系なので人数必要だし、そうするとポイントもショボイので
もう二度とこのアサルトをすることは無いと思われます。

テーマ : FINALFANTASY XI - ジャンル : オンラインゲーム
そういえば昨日はクリスマスイヴだったりしたらしいですね。
私は聖夜を黒ソロでのアーン狩りで潰しました。
3時間やって上質ノードロップ。俺様は深い悲しみにつつまれた。

それはともかく、またフ・ゾイのIx'aern狩り。
構成は恒例の赤黒。数少ない友達の一人である変態さん(仮名)と二人。

8回目
直線通路のゴラホを掃除してNMを釣ってくる作戦。
雑魚アーンが一匹だけマラソンスペースまでくっついてきたので、
俺様が華麗に片付けてやろうとしていたら、タゲが切れてイリュージョン。
マラソンスペースでグルグル回っているだけでタゲが切れるのは想定外。

結果的に雑魚が一匹も残らなかったので非常に楽なスタートになりました。
マラソン自体ももはや慣れたもんで、特に問題なく撃破。
ドロップは何もナシ。

9回目
直線通路だけ掃除するつもりが勢い余って奥のゴラホまで掃除して開始。
マラソンスペースに着いた時には一匹も雑魚アーンが来てなかったので、
「思い通り!」とかニヤけていたら黒アーンがやってきやがりました。
まぁ黒アーンなら余裕なので俺様が華麗に撃破。
そしていつも通りのダルイマラソン。そしていつも通りの撃破。
そしていつも通りのドロップ。


この地獄ロードは一体どこまで続くんですかね。
霧が濃くて先が見えない。
テーマ : FINALFANTASY XI - ジャンル : オンラインゲーム
シャウトに乗っかってマムークの魔笛奪還BFに行ってきました。

マムークの雑魚が落とす青いベルだの赤いベルだのを取って、
奥のBFに入ります。詳細はWiki参照。

敵は黒(ボス)と忍シ(護衛)の3匹のマム。
足止め魔法は基本的に効きませんが、護衛には印スリプルなら入ります。

こちらの構成は忍戦モ白赤吟。
自分は赤/忍でボスのマラソン。他の人達でシを寝かしつつ忍をやる作戦。

最初白の印スリプルでシを寝かして、忍と黒を抜く、
という感じでやったんですが、ボスのタゲが自分に来なくて
グダグダになって全滅。
mamook-BF-1


というわけで立て直して、自分の絡まれ釣りでスタートすることに。
mamook-BF-2


忍の微塵で何人か死んだものの、忍は処理成功。
シを4割まで減らしたところで時間切れで排出されました。
というわけで雑魚のHP削っただけで終了。これは切ない。

ボスの黒のマラソンなんですが、超余裕でした。
BF自体が広いので、ガを詠唱されたら走って逃げる。
それ以外の魔法は空蝉で回避。
黒タイプはHPを減らさない限り近寄ってこないので、
これで何の問題もなくキープできました。
マラソンでも何でもないですね。単なるキープです。

スリプガがウザイですが、ストンスキンさえかけておけば
死にはしません。
毒薬飲んでおけば完璧ですが、精霊弱体をワザと食らうのも
アリかもしれませんね。
mamook-BF-3


行くまでが非常に面倒なので何度も行きたい感じでもないですね。
落ちたらベル取り直しっていうのはどうにかならないですかね。
最近落ちまくるんですが。

流行りのサルベージではサンクションリフレ・リジェネの有無で
効率が大きく変わったりするようなので、サルベージに行きたい人達が
頑張ってくれると期待しています。
mamook-BF-4
テーマ : FINALFANTASY XI - ジャンル : オンラインゲーム
白門でアサルトのシャウト待ちしてたら、魔笛奪還シャウトがあったので
何となく参加してみることに。

ここ2ヶ月くらいはアトルガンエリアに行くこともなかったので
魔笛なんかどうでも良かったんですが、一度くらい魔笛BFがどんなものか
見ておきたかったので行ってみました。

12人集まったところでマムークに向けて出発。
入り口あたりで無敵としか思えないNMに絡んでみたり、道に迷ったりと
かなり時間を無駄にしながら進軍。

途中でポロッゴとかいうモンスターに何度か絡まれましたが
poroggo-1

おいおい・・・
poroggo-2
カワユすぎだろ・・・常識的に考えて・・・
テーマ : FINALFANTASY XI - ジャンル : オンラインゲーム
傭兵長アサルト「慰問物資強奪作戦」に行ってきました。

攻略とかはWikiでも見て下さい。

家族愛の強いマムージャから家族からの贈り物を奪え、という
血も涙もないアサルトです。

やることは設置されている8つの箱を開けて中身をNPCに届ける、
という単純なものです。
青いマムに見つかると変なところにワープさせられて、持っていた
慰問物資はまた宝箱へ戻る。
黄色いマムに見つかるとすごい速さで殴られます。
ま、普通に寝るので大して問題になりませんが。

青マムに飛ばされた地点にマムに変身できる水が置いてあって、
変身している間はマムがパッシブになり、絡まれません。
箱を開ける時は変身を解かないといけないので、
行きは余裕なんですが帰りがツライというわけですね。

ま、攻略情報が広まっているだけあって、余裕でクリア。
一回見つかると結構時間が厳しくなるので、それなりにスリルがあり、
15分制限なのでそんなに時間もかからず終わるので良いですね。

ワイはマムや。

テーマ : FINALFANTASY XI - ジャンル : オンラインゲーム
何事も、視野が狭くならないように気を付けた方が良い。

人は群れると強気になるもので、FFにおいても
「こっちの方が人数多いんだから、少ない方は遠慮しろ」
などという考えの人が稀によくいる。
周りからすると、その発想はひどく滑稽である。

ゲームシステムとして早い者勝ちになっている場合が多いので、
ユーザー同士でヘイトを高め合うのではなく、開発側へのヘイトを高めよう。
とりあえず、
デュナミスやリンバスの仕様は即刻変更すべき
調べてみたら慰問物資とか土筆作戦とかが楽そうだったので、
募集シャウトを待ってたんですが、全く募集ありませんね。
未だに土竜とラミアばかり。

さすがに未経験でシャウトするのも憚られるので、慰問物資とかは諦めて
土竜行ってきました。

半年ぶりくらいですかね、土竜。7月のパッチで岩のHPとかが弄られて以来、
黒の神さは失われたようですが、相変わらず黒募集シャウトがあったので
乗り込んでおきました。

本当にHP増えてますね。北の岩を一人で壊してたんですけど、
すげー時間かかりました。
とは言え、相変わらずヌルイアサルトであることに変わりはなく普通にクリア。

しかし正直土竜は20回以上やって完全に飽きているので、
次こそは別のアサルトがやりたいところです。
テーマ : FINALFANTASY XI - ジャンル : オンラインゲーム
バージョンアップがありましたね。

今回はデータのフォーマットが今までと違うものに差し替えられていたらしく
解析が大変だったようですが、結局なんだかんだで解析されたみたいですね。
お疲れさまです。ウマイ汁をすすらせて頂きます。ありがとうございます。

解析データはいろんなところにありますが、とりあえずココを参照。

モリガンという装備がスゴイですね。ほとんどの既存の装備を上回っています。
装備ジョブが限られますが、モリガンローブはリフレシュが付いてるみたいで
ダルマティカと同等、もしくは上位になれそうな装備ですね。
まぁしかし、アルザビウーツ鋼1ダースというのは、かなりアレですが。

デュエルシャポーはまだ神装備みたいなので裏に行く価値はありそうですが、
リンバスの存在意義が感じられなくなってきますね。
ま、行ってないので関係ないですが。

打ち直し素材の入手はサルベージなんでしょうかね。
サルベージをやろうにもアサルトポイントがないので、まずはアサルトですね。
正直最近のアサルト事情を全く知らないんですが、どれが楽なんですかね。
ハナっから楽なのしかやる気がなくてすいません。
またフ・ゾイのIx'aern狩り。

今回も数少ない友達の一人である変態さん(仮名)と二人。赤黒。

5回目
釣り方、戦い方共に前回と同じ。
最後にリンクしてたのが戦士アーン一匹だけだったので、
死なずに俺が処理することに。戦士なので瞬殺できるんですが、
リレされてウボァ。
キープしつつヒーリングしてたら最初湧かす時に寝かせたらしい詩人がadd。
これはキツイ。
詩人と戦士を両方キープしつつ、戦士を殺し、詩人を処理。
またリレされてウボァ。
達ララ食らった時は死ぬかと思いましたが、何とか処理できました。

というか今思えば、雑魚アーンの処理はマラソン部屋じゃなくて
手前の部屋でやれば、リレイズされても逃げれば誰も絡まれませんね。
マラソン部屋で処理したせいで、自分が離れてもマラソン中の
変態さん(仮名)が絡まれてリレ後も処理することになったわけで、
これは余計な苦労をしてしまいましたね。

あとは何事もなく順調。
変態さん(仮名)が「動画を見て勉強した」とかホザいてまして、
確かに前回よりも被弾が激減してました。
しかし、正直「動画見なくてもできるだろ・・・常識的に考えて・・・」と
思いました。まぁ思っただけじゃなくて口にしましたがね。

つーか、こんなもんの動画が出回ってるんですね。意外です。
見てても退屈すぎて頭がおかしくなって死ぬんじゃないかと思うんですが。
実は結構面白い動画なんですかね。
変態さん(仮名)のスキルがその動画のおかげで上昇したことは事実なので、
わざわざ撮って流出させてくれた人に心から感謝しておきます。

6回目
やり方は今までと同じ。
今までと同じように自分がマラソン部屋で待機して変態さん(仮名)が
釣ってきて死ぬ作戦。
でしたが、変態さん(仮名)が最初のアーン部屋でグラビデを食らって死亡。
ゾンビしながらマラソン部屋に引っ張ろうとしたものの、起き上がったところで
ゴラホに殺されてリレなしで死亡。
自分がNM部屋に行ったら既にNMは消えており、まさかの失敗に終わりました。

7回目
変態さん(仮名)がグラビデを食らってもフォローできるように、
直線通路のゴラホを掃除して、アーン部屋の入り口付近で待機。
ゴラホ2匹なら黒赤二人で瞬殺できるので、直線通路のゴラホは
掃除することに。
グラビデを食らわなかったので、いつも通りにやれました。
最初は竜騎士アーンしかリンクしてなさそうに見えたので
処理できるかと思いましたが、忍とあと一匹何かがaddしてきたので
無理と判断して死んでもらいました。
あとはいつも通りにマラソン。


んで、ドロップですが、相変わらず全く何もナシ。これは酷い。
2個トレードを試してみたいところですが、赤のグラビデが怖い。
どうしたもんですかね。
テーマ : FINALFANTASY XI - ジャンル : オンラインゲーム


何と言うか、アレですね。裏というのは各人の思惑が交錯して荒れますな。

主催側はできるだけ出席率を上げたい、悪く言えばメンバーを拘束したい。
メンバー側は、自分の欲しいAFが出るエリアだけ参加したい、
適当に理由を付けて行きたくないエリアには来ない。

お互いそういう魂胆がミエミエなんですが、尤もらしい理由をつけて
牽制し合う。まさに社会の縮図。人間の欲望というものは恐ろしい。
そしてそれを煽っている開発側の手腕には震撼せざるを得ない。
テーマ : FINALFANTASY XI - ジャンル : オンラインゲーム
ちょろちょろとフ・ゾイでアーンを狩ってるわけなんですが、ライバル来ませんね。
NMのマラソンが簡単だということが広まったのがつい最近のことなので、
もうちょい人が殺到するもんかと思ってましたが全く来ません。
夜10時とかでも完全に独占してます。
それとももう皆取っちゃったんですかね。

おかげさまでダラダラと気楽に狩れるわけなんですが、リレイズのせいで
枯れさせるのが大変なのでマラソンもしにくい。
白タイプ(正確には白黒抽選のヤツ)はアーン部屋の東半分しか動かないので
それとあと一匹しか残ってない状況になると部屋の西半分でマラソンできます。
というか、西半分も使う必要なくて柱二本分のスペースでできるんですが、
その時の狩りやすさは異常。
ユブヒの時に気付いたテクニックが使えて、グラビデ入っていれば4系は余裕、
グラビデ切れてもスリプルIIくらいなら殴られずに詠唱可能。

というわけでアーンの無駄な動き。
伝統的な4コマというのは右上から左下に読むものだと思いますが、
ブログという形態だとそれは直感に反すると思われるので
左上→右上→左下→右下の順番で見る形式で4コマにしてみました。
アーンがわざわざ柱を迂回してくる様子です。
柱を行ったりきたりすれば、全く近づかせずに瞬殺できます。
グラビデさえ切れなければ、ですが。

アーン部屋でやる一番のメリットはアーンの生息域内で倒せるという点で、
たとえリレイズで復活されて、こちらがアーンの感知範囲外にいたとしても
生息域内なので消えません。なので、2回以上リレイズされる心配がありません。
経験値目的ならリレイズを何度されても良いんですが、アイテム目的だと
何度もリレイズされると面倒なので、部屋で瞬殺できるとかなりイイ感じです。
スリプルを使う必要もないので、MP的にも安全度的にもイイです。
スリプルは詠唱短いけれどもレジ率に不安があり、スリプルIIはその逆で、
使わずに済むなら、この場合は使わない方が良いです。

どうでもいいですが、槍持ってるヤツは竜騎士じゃなくて侍のようですね。
ダブルアタックだと思っていたのは、ブリンクで回避したせいで
残心が発動してるっぽいです。
テーマ : FINALFANTASY XI - ジャンル : オンラインゲーム
四季悪日でダマスクインゴットを手に入れたので、
ちょっくらホーバージョン作ってみました。
まぁこれは普通にNQが出来たわけなんですが、
ホーバージョンHQ狙いは儲かるのか?
という疑問が首をもたげてきたので、
ちょっくらHQ率などについて調べてみました。

FF11合成板の検証スレにHQ率に関する情報がありました。
えふめもに、複合なしのデータがまとめてあります。

こういうデータを集める人はスゴイですねぇ。
とりあえず自分は手作業でこういうデータを集める気には
全くならない人種なんですが、データがあれば利用するという
ハイエナ的な特性は持ち合わせているので、先人達の努力に
あやかってウマイ汁をすすりながら生きていこうかと思います。
ありがとうございます。


とりあえずそこを信じれば、ホーバージョンのような複合1種、
二つともスキル上限+11から+30の範囲内に収まるような合成は
  • 割れ率=1-0.95×0.95≒10%
  • HQ率≒(1-0.1)×0.05≒5%
  • NQ率≒残り85%
という感じのようですね。
正確な数字は微妙に違いますが、どんぶり勘定なので気にしない。

複合に関してはまだ上の計算式で確定ではないようですが、
とりあえず上の数字を使い、ダマスクのロスト率を100%として、
20回ホーバージョンを合成した時の収支を見積もってみました。
素材代、製品代は自分のいるサーバーの競売料金を目安にして
設定してあります。

素材代
  • ダマスクインゴット・・・250万
  • ダークインゴット×8・・・8万
  • 絹布 & ビロード・・・1万
  • クリスタル代・・・無視
  • 合計・・・259万

製品代
  • ホーバージョン・・・240万
  • ホーバージョン+1・・・1000万


上で計算した割れロスト・NQ・HQ率を用いると、20回合成して
2回割れロスト、17回NQ、1回HQということになるので、
それで収入と支出を計算してみる。

支出
  • 素材代・・・259万×20=5180万
  • 競売出品代・・・2.4万×17+10万×1≒51万
  • 合計・・・5231万

収入
  • ホーバージョン代・・・240万×17=4080万
  • ホーバージョン+1代・・・1000万
  • 合計・・・5080万

というわけで、ホーバージョンを20回合成すると
約150万の赤字
になるという結論に相成りました。
あれ?俺計算間違えた?
期待値からして赤字なんですけど。
ホーバージョンの合成をし続けている人がいる事実を考えると
さすがに期待値が赤字だとは思えないんですが、何なんですかね?
ホーバージョンが250万で売れたり、ダマスクのロスト率が
50%だったりしたら一応黒字にはなりますが、微妙すぎます。
割れ率・ロスト率・HQ率が間違っているとしか思えませんが、
調べるのも面倒なので、私的ヴァナ永遠の謎として
子々孫々語り継いでいくことにします。

とりあえず、鍛冶という合成の破滅っぷりは改めて認識できました。
テーマ : FINALFANTASY XI - ジャンル : オンラインゲーム
いつまでもインターネットの海で孤立しているのもアレなので、
リンクというカテゴリを作っておきました。
今までの日記で勝手にリンクを張ったサイトを勝手に並べてあります。
まぁ5個中2個は最近更新されてませんが。

続きを読む »

今度は変態さん(仮名)が「黒パーティで四季悪日やれる」とか
ホザいたので、「そりゃウメェ」と思ってLSの方々とともに
黒×6で行ってきました。

LSメンバーの数は10にも満たないんですが、
ほとんどが黒75というミステリー。
LSに6人いれば黒パーティが一瞬で作れます。

eLeMeNのBFNM報告には確かに黒パーティでのやり方が
書かれているのですが、直後にツッコミ入ってるし、何より
ググっても全く情報が出てこなかった
ので、BFに着いた頃には「結構ヤバくね?」という微妙な空気が
漂っていました。

んが、やってみないことには分からんので、とりあえず特攻。

BFに関する説明。
  1. 敵はトレントタイプが4匹。
  2. それぞれ白・モ・忍・暗のジョブを持つ。
  3. ノンアク・ノンリンクだが、2hアビを使用すると次の季節のトレントが動く。季節は白モ忍暗の順に春夏秋冬。
  4. 白・暗には強力な魔法ダメージカットあり。モ・忍は精霊魔法が普通に効く。
  5. 時間の経過とともに強くなるというウワサがある。
  6. モンクは忍盾でも耐えられないくらい強い。
  7. 弱体魔法はサイレス以外普通に通るが、グラビデ・バインド・スリプルあたりは耐性が付く。
こんな感じ。

一応補足説明。
敵は4匹のトレントで、それぞれが白モ忍暗のジョブを持ち、
対応した2hアビを使用します。
ノンアク・ノンリンクなのですが、2hアビを使用すると
白→モ→忍→暗の順に動く。
ここで重要なのが、「2hアビを使用したら動く」ということで、
2hアビを使用させずに殺せば動きません。
なので、時間を合わせた精霊爆撃で殺して2hアビを使わせなければ
次のトレントが動かずにヒーリングできたりします。
スリプルは普通に効きますが、耐性が付くのでいつまでも
寝かせられるわけではありません。

というわけでとりあえずeLeMeNに書かれている、
サンダガ3→印スリプガ2→ファイガ3を試してみることに。
んで、スリプガ着弾後、トレントのHPを見て確信。
これは無理。
最初にサンダガ3を4発当てる予定が、一人ミスって3発でしたが、
それ以前の問題というレベルで全然HPが減ってません。
まぁミスったのは俺なんですがね。ヘタレですいません。
モンクタイプはファイガ3×6で死んでくれそうなHPでしたが、
忍者は微妙、暗黒や白は絶対死なない、っていう感じでした。
白なんか、サンダガ3を3発食らっても5分の1くらいしか減ってない。

とてもガで焼き払える空気ではなかったので、一匹ずつ殺すことに。
モンクはサンダー4で瞬殺。
暗黒は精霊カットがあって時間がかかったものの無難に処理。
忍者をやってる最中に白にスリプル耐性が付いて寝かしが困難になり、
さらには微塵を食らって壊滅しかけましたが、一応忍者は処理。
んで、白をやってる最中に全滅。
立て直して印スリプル回しの寝かし精霊で倒しました。

というわけで、ガで焼き払うのは現実的ではないということで、
一匹ずつやっていくことに。順番はモ→忍→暗→白。
暗黒までは激しく順調にやれるわけですが、白がかなりキツイ。
祝福されると6人でもスリプル耐性付く前に倒せなくて、結局全滅。
衰弱回復してやり直している最中に時間切れで排出となりました。

ま、要するに黒パーティ向きのBFではないですね。
祝福を使わせないようにコントロールしながらやればイケルとは
思いますが、考え付く祝福の止め方はどれも確実ではないので、
大人しく普通にやった方が良さそうだと判断。

そこで構成を忍赤吟黒黒黒にしてみました。
  1. 最初に赤と黒×3の寝かし精霊でモンクを瞬殺。
  2. 忍者が動き出したら、忍と吟でキープ。モンクを始末したら通常攻撃で削っていく。
  3. 忍者のHPが半分くらいになったら、寝かし精霊で微塵を使わせないように倒す。
  4. 暗と白を忍者の通常攻撃でゆっくり料理。
こんな感じでやることに。

特に語ることもないほど非常にスムーズにやれました。
一戦あたりの時間は10分程度。黒パーティでやるより遥かに楽。

んで、ドロップなんですが、自分の番では
ダマスクインゴットと御神木が出ました。これは素晴らしい。
他の人もダマスクか御神木のどちらかをゲットしており、
時間切れで排出された人以外はアタリな雰囲気。
これは悲惨だがウマイ。


ジョブごとの精霊ダメージメモ。
他の人のダメージはフィルターしてるので分からず。
サンダーIVで、モンクに1500程度、忍者に1100程度、
暗黒に700程度、白に600程度でした。
テーマ : FINALFANTASY XI - ジャンル : オンラインゲーム
数少ない友達の一人である変態さん(仮名)が相変わらず
ダイセクターを欲しがっていたので、龍円舞曲に行ってきました。

構成は黒×4。黒ソロでもクリアできるんだから、
4人いりゃ楽勝だろうということでLSの方々と共に乗り込みました。

戦闘の流れは至って単純。
印プガ2かまして詩人を寝かせている間に戦士を精霊で殺し、
起きたら再度寝かせてヒーリング。
次に起きたらまた精霊ぶち込んでいく、ただそれだけ。

片方を倒したらもう一方が強くなるせいか、詩人にグラビデは
ほとんど入りませんでしたが、歌を詠唱して動きが止まるので
問題なく精霊を詠唱できます。

戦士のマイティ中にボディプレスが来たら死ねるので、
戦士には適度にスタン入れることを推奨。まぁ気休めですが。

運が悪くなければ普通に勝てるんですが、
ドロップは相当運が良くない限り激しくクソ。
4人やって誰もアタリが出ず。
一番高価なアイテムがオリハルコンというクソっぷり。
ついでにダイセクターも出ないという終末っぷり。これは酷い。
テーマ : FINALFANTASY XI - ジャンル : オンラインゲーム
またIx'aernを狩ってきました。

今回は数少ない友達の一人である変態さん(仮名)と二人。
構成は赤黒。変態さん(仮名)が赤、俺が黒。
釣り方は基本的にソロの場合と同じ要領にしました。

3回目
とりあえず変態さん(仮名)に釣ってきてもらい、
一回死亡してリンクしてきた雑魚をすべて消滅させる。
そんで生き返ってすぐ釣りなおしてマラソン開始。

順調にHPを削っていたのですが、精霊弱体のMP効率も微妙かと思って
リキャごとにドレインを撃っていたらアラ不思議。
ばっちり俺にタゲ固定。
ドレインという魔法はこちらのHPが満タンだと、
ダメージは与えていても「HP0吸収」という表示が出ます。
吸ってHP回復した場合その分は回復ヘイトになるものの、
回復せずにダメージを与えた場合はヘイトがほとんど乗らないと
勝手に思い込んでいたんですが、そうでもなさそうですね。
あまりにタゲ固定されててビビりました。

ま、そういうわけで俺様にかなりタゲ固定されており、
変態さん(仮名)が何やらタゲを取ろうといろいろやっていたら、

変態さん(仮名)はIx'aernに倒された・・・

さすが変態さん(仮名)は格が違う。

残り1割というところで死んでくれました。
しかも最初起き上がってすぐ釣ったのでリレイズなしで死亡。
移動速度アップ持っているヤツに死なれると、
残された移動速度が凡人な俺はアーンを引き剥がす術が無いので
ジリ貧かと思われました。

仕方ないのでHPに戻ってもらって、また来てもらうことに。
そんで暫くの間一人でグルグルマラソンしてたんですが、
ふと気付きました。
アーンとの距離が何故か開いている。

おそらくはコース取りが原因で、こっちはコーナーを攻めまくって
最短距離で回る一方で、アーンはちょっと無駄な回り方をします。
そのおかげで、移動速度アップなしでもグルグル回っているだけで
距離が開いていきます。

これはイケル。
と確信して、バイオIIをぶちこむ。
効果が切れる頃にはまた詠唱できるくらいの距離が開いているので、
再度スリップを入れてグルグル回る。
残り1割程度だったので、数回バイオII入れたところで終了。

というわけで、衰弱しておらず、予め距離さえ開いていれば
移動速度アップなしでもスリップ入れつつマラソンが可能ですね。
ちなみにドロップは何も無しでした。
しかしよくよくあの時の状況を思い起こせば、
変態さん(仮名)がフ・ゾイに戻ってくる前に倒してしまったので、
ドロップしていたらそれはそれで気まずかったのではなかろうか。



んで、続けて4回目

4回目
移動速度アップなしでもマラソンできることが分かったので、
変態さん(仮名)が釣ってきて死んだら、
衰弱回復するまで俺が一人でマラソンすることに。

特に問題なく、非常にスムーズにやれました。
ドレインでタゲ固定してしまうので精霊弱体のみ撃ってましたが、
それでも何故か俺にタゲが来まくる。
まぁ変態さん(仮名)が攻撃食らいすぎなだけなんですがね。

んでドロップですが、相変わらず何も無し。
いい加減何か落とせよと言いたくなりますが、
ドロップ率を鑑みるに、まだ地獄の一丁目ですかね。



精霊弱体を詠唱するのに個人的にベストな位置関係。

ここで詠唱し始めて、詠唱完了後内周を左側へ抜ける。

タゲが移動していれば、内周を抜ける過程でアーンが逆走するので
タゲがどちらか判別可能。
内周をウロウロしてアーンを行ったり来たりさせて
タゲが赤に移るまで時間稼ぎ。
赤はリフレやストスキでも呑気に詠唱しておけば良いかと。
よほど黒に固定されてない限りストスキのヘイトでもタゲ移ります。

タゲが移動していなければ、抜けた場所で次の魔法を詠唱。


ついでにもう一つ移動速度アップなしでも
アーンとの距離を大きく引き離す方法が分かったんですが、
失敗すると接近されてしまうのでリスクが高いですね。
内周にアーンが入る直前に対向の外周に抜ける、
って感じなんですが、説明が難しい。
いつも成功するというわけでもなく、失敗して内周に入られると
逆に距離を詰められてしまうので、あまり使えませんね。
テーマ : FINALFANTASY XI - ジャンル : オンラインゲーム


デュナミスに週一で通っているわけなんですが、
なかなか欲しいものが出ないですね。
ま、出てもロット権ないんですがね。

これは何気に非常にツライ道のりであるということに、
最近やっと気付いた気がします。
いい加減様子を見ておかないと、
負のスパイラルに落ち込むだけのような気がしたので、
意を決してチョコボの様子を見に行きました。

家出したり戻ったりを延々と見せられるのかと思いきや、
特に家出していたということもなく、
基本の世話の報告をまとめて見せられただけで5分もかからず終了。
育成計画を組んでいなければ、一瞬で報告終わるようですね。

というわけで様子見は意外にアッサリ終わりました。
正直なところチョコボに対する興味がゼロに近いところまで崩壊していて、
今後も見にこないと推測し、サクッと「引退する」を選択して引退させました。
引退のイベントが流れてきたんですが、
超せつNEEEEEEEEEEEE
軽い気持ちで引退させた自分を少し嫌悪できましたが、
「ま、どうせ様子見ないし。」と現実に引き戻されて、
5秒くらいでまた興味を失いました。

記念として家具を貰ったので、飾ってみました。

テーマ : FINALFANTASY XI - ジャンル : オンラインゲーム
人間というものは、何かしら「理想像」というものを持っているんじゃなかろうか。「こうありたい」、逆の言い方をすれば「こういう風にはなりたくない」というビジョンのようなものが、多少なりともあるに違いない。知らないけどきっとそう。

FFにおいて、それは一体どういうものだろうか?

FFの世界には物凄い人達が大勢いるようで、大人数で最強と言われるNMを倒す人達がいれば、一方でソロでは無理と言われる強いNMに挑み、倒す人達もいる。他にも、とにかく作ることが困難なレリック武器というものを作る人もいれば、皆の注目を集めサーバーを越えた人気者になる人もいる。

こういう人たちを理想にしたところで、現実味がない。誰にでもできることではない。ぷよぷよで16連鎖ですら俺には厳しい。

話していて毒気が無く、友人になりたいと思わせるような人こそ、良いと思う。末永く付き合っていきたいと思えるような友人を得ることは、おそらく一生に何度とない幸福な瞬間の一つだろう。FFにおいては、チャットでしか会話ができないものの、その人柄や物腰というものは存分に伝わってくる。

いちいち愚痴や文句を言う人は話していて疲れるもので、下手をするとすぐにでも縁を切りたいなどと思ってしまう。逆に、こちらの話を聞き漏らさずに理解し、言葉を選んで発言してくれる人というのには感心してしまう。

長く付き合っていきたいと思われるような人物になりたいものである。

以上、友達のいないヤツの戯言でした。
ネタが無い時には適当にツラツラと思いつきの文章でも書いておけば、それはそれで良いんじゃないかという気がしてきた。

非常に下らないうえに、とても賛同が得られるような文章が書けるとも思えないが、あまり気にせずに好きに書いてみようと思う。
なぜなら、ひとりよがり日記だから。
あ、次からね。今回はこれだけでサヨオナラ。
アル・タユに籠もり出してから一度もチョコボの様子を見に行ってないんですが、どうなるんですかね。

以前一週間分をまとめて見た時もかなり苦痛だったので、3週間分くらいを一気に見せられるとなると、物凄い苦痛で頭がおかしくなって死ぬんじゃないかという気がして、益々見にいけないんですが。あのクソ長い報告どうにかなりませんかね。
テーマ : FINALFANTASY XI - ジャンル : オンラインゲーム
フ・ゾイのIx'aernというNMを狩ってきました。

慈悲の羽衣というアイテムと交換できる「瞋恚の毒悪」というアイテムをドロップするNMです。ちなみに慈悲の羽衣の性能は以下の通り。
慈悲の羽衣 Rare Ex
MP+25 強化魔法スキル+5 精霊魔法スキル+5 暗黒魔法スキル+5 Lv73~ All Jobs
神装備ってほどでも無いんですが、これがあれば暗黒の耳を取らなくてもダークトルクとの組み合わせで赤でも暗黒魔法スキルを211以上にできるナァってことで、ちょいと狙ってみることにしました。

ソロでの倒し方の詳細はコチラ→墨樽チラシの裏
道のりはコチラを参照→Porta Rosso

道のりに関する補足。ミッションクリア前までは入ってすぐ左のドアは一方通行ですが、クリア後は普通に通れるようになるので、西側に行きたい時は4番目の護衛から始めればOKです。

NMに関する説明。
  • フ・ゾイ地下(G-6) or (I-6)に湧く???に上質アーン器官を1個から3個トレードすることで湧く
  • 1個トレードでNM本体のみ、2個トレードで護衛1匹付き(赤 or 白)、3個トレードで護衛2匹付き(赤 and 白)
  • 上質アーン器官のトレード数が多いほどドロップ率が良いが、NM自体も強くなる。
  • NM本体はモンクタイプ。途中で百烈拳を使用し、それ以後はずっと攻撃間隔が短くなる。
  • 足の速さは普通。
こんな感じ。

湧かすのに必要な上質アーン器官はフ・ゾイのEo'aernがドロップします。以前アーン器官を集めた時に
10個以上は捨ててしまったわけですが
改めて取り直しました。

モンクタイプで足は速くないので、移動速度アップの装備があれば走っているだけで距離を開くことができ、攻撃を全く食らわずにスリップだけで倒すことが可能なようです。

とは言っても、俺様は移動速度アップの装備など持っていません。というわけで、困った時の数少ない友達の一人である変態さん(仮名)。無駄に廃装備なので、上手いことノセて頑張ってもらうことにしました。普段は本当に無駄です。

変態さん(仮名)をノセていたら、他のLSの人たちもノッてきたので、結局4人でやることになりました。構成はシ赤黒召。一個トレードでNM本体のみ湧かしでやってみることに。

いやぁ、スゴイですね。実際にやってみて分かりましたが、(D-7)や(I-7)のEbon Panelのある部屋は
理想的なマラソンスペース
と言っても良いんじゃないかというくらいマラソンしやすいです。こういうことを発見できる慧眼に感服しつつ、自分はやり方を真似てウマイ汁をすすっていこうかと思います。

精霊弱体撃ってるだけでもタゲが来るくらいタゲはフラフラでしたが、予め距離さえ取っておけば移動速度アップがなくても追いつかれることはないので、NMをしっかり目視で確認して距離を常に開けるようにしておけば、どのタイミングでタゲが来てもダメージを食らうことはないです。適当に魔法撃ってると死にますが、無理に魔法を撃つことよりもNMに近づかれないことを優先してやれば特に問題なく倒せる感じです。
問題はマラソンスペースに釣ってくるまでです。
死なずに引っ張るのはかなり難しいですね。

一回目
シーフがトリガーをトレードしてNMを湧かし、引っ張る間にリンクしたやつを黒赤が寝かせてログアウトするという作戦。よく考えれば当たり前ですが、シーフは走っているわけで、リンクしたアーンもそれを追って移動するので、近接攻撃しかしないようなヤツには追いつけなくて寝かせられません。また、寝かす時間もマチマチなので、後から起きてきたヤツに殴られて殺されます。というわけで結局NMだけ釣れはしたものの、死者は出ました。ま、俺なんですが。

二回目
予めゴラホを掃除しておいて、各部屋のアーンも寝かしておき、NMが通過したらログアウトする作戦。NMが湧く部屋の寝かしをしていた人がログアウトし始めたら、そのヒーリングヘイトのせいなのか、結構遠くまでいっていたNMが部屋に戻っていって、結局NM部屋の寝かしをした人は死亡。まぁ変態さん(仮名)なんですがね。んで、NM部屋じゃないほうの寝かしをやったのは俺なんですが、ナイトタイプが混じっていて、全レジ半レジの嵐で結局死亡。アーンを複数寝かすというのは予想以上に厳しいですね。

というわけで、最終的にNM自体は釣れたものの、死者を出さないというのがちょっと難しそうな感じですね。

釣れさえすれば、マラソン自体は簡単で、スリップ入れまくりで30分ほどで倒せました。精霊弱体も、属性杖なしでも割と普通に通るので、INT150にして撃っていました。経験値も4人で100くらいだったので、NMのレベルは大して高くはないですね。

さて、肝心のドロップですが、
何もナシ
でした。さすがはプロマシアクオリティ。毒悪のドロップ率は5%くらいみたいなので、気長にやり続けるしかありませんかね。
テーマ : FINALFANTASY XI - ジャンル : オンラインゲーム
相変わらずフ・ゾイにてアーンを狩り続けています。

自分はフ・ゾイ入って左側の部屋でソロでアーン狩り。
LSの人たちがフ・ゾイ入って右側の部屋でアーン狩り。
何だろう、この距離感。
同じ獲物を狙っているのに別々に狩り続ける俺ら。
まぁ俺がソロでやりたいオーラを出していたからですが。
引きこもり体質ですいません。
テーマ : FINALFANTASY XI - ジャンル : オンラインゲーム


週一で通っているデュナミス。今回はザルカバードへ行ってきました。

先日の衝動買いの後、さらに衝動買いをしてサポ白でも食事なしでINT150にできるようになりました。というわけで、半端じゃない精霊弱体をかましてやるぜと意気揚々とNMに向かっていったところ、

レジスト!


レジスト!



レジスト!


すいませんでした。
というわけでレジストされまくりでした。体感では6割くらいレジストされていたよーな気がします。よく考えれば当然なんですが、ザルカのNM相手に属性杖も精霊スキルブーストも無しで精霊弱体が通ると考える方が浅はかでしたね。

というわけで無意味な衝動買いになりました。無意味なことに拘る俺に惚れろ。
テーマ : FINALFANTASY XI - ジャンル : オンラインゲーム
さて、やっと公開しても良いくらいに体裁が整いました。というわけで早速公開開始。

以前のところは、やり始めの頃はお手軽で良かったんですが、いろいろと自分なりにカスタマイズしだすと、どうにも制限が多すぎてやりにくかったので、結局移転に踏み切りました。

というわけで自由度が高く、割と多くの人が使っていて評判も悪くないということでFC2に移動してみました。いや、ホントにいろいろ出来ますね。設定が多すぎて、最初の頃は非公開にも関わらずトップページに更新pingを送信したりと意味不明なことをやっていたりしました。未だに全体を把握しきれていないので、ひょっとしたら致命的な設定ミスをしているかもしれませんが、とりあえず見切り発車的に公開してみることにします。

移転するに当たって、以前の日記もすべて移しました。それに際してカテゴリーを細分化しました。さすがにFF11のことしか書いていない日記で、FF11というカテゴリしかないというのも意味不明というか、カテゴリの存在意義が感じられなかったので。

以前の日記は全部手動で写したので、その過程で読むハメになったわけですが、初期(と言っても半年くらい前)と今とではかなり芸風が違うというか、ノリが違いますね。特に文字のサイズや色を変えて、行間を取りまくるという手法を多用していました。この手法の良し悪しは別にして、これを移すのはかなり面倒でした。というのも、以前はfontという非推奨のタグを使っており、最近は極力それを使用しないようにしているので、その部分をいちいち書き換えないと気が済まなかったからです。ま、単なる自己満足ですね。

さて、話は変わってここのブログサービスの使い心地について。以前のところより若干重いです。以前のところでは無意味にデカイ画像を貼り付けまくっていて、それでも大して問題がなかったのですが、ここはそういうわけにもいかなそうです。常時重いわけではないのですが、たまに重くなって画像の表示に時間がかかることがあるので、以前よりは画像のサイズを意識して小さくしないといけないのではないかと考えています。というわけで、しばらくの間、そこらへんを微妙にいじりながら、ベストなサイズを探していこうかと思います。

というわけでいきなり意味のないSS。横幅300px。



読む側としては軽い方が良いに決まっているのですが、書く側としては、自分好みにいろいろとカスタマイズできる方が楽しいので、その利点を取ってここに移転しました。カスタマイズの自由度の高さは凄いですね。ま、その利点を大して生かしきれていませんが。

Firefox2.0、Opera9.0.2、IE7.0、Netscape7.1、Sleipnir2.46で一通りチェックして、崩れていないことを確認したのですが、文章の中身までチェックしてないので、ひょっとしたら移す過程でタグを付け間違えて意味不明な文章になってしまっているかもしれません。もともと意味不明かもしれません。何か表示のおかしいところがあったら、是非お知らせ下さい。

最後に、こちらの使い勝手に特に不満がなければ、いずれ以前の日記はすべて見えなくするつもりです。それでは、また明日から日記再開です。

| ホーム |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。