プロフィール

ダチなし


FINAL FANTASY XIをプレイしている友達の少ないタルタルの日記。今日もアリエナイ角度でひとりよがり中。
by ダチなし

初めて訪問した人向け

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
などと変態さん(仮名)がホザいていました。

このセリフ既に何度か聞いたことがあったのですが、要するにメリポをクリティカルアップに振りはじめたらしいです。そして必ずこの後に、

「そうなるとクリティカル率アップの武器が欲しくなる」

などとホザきます。まぁつまりは青のレベルがダイセクターを装備できるところまでもう少しなので、それが欲しいということらしいです。

というわけで二人で獣神印章30枚BF「龍円舞曲」に行ってきました。

黒ソロや赤ソロでクリアできることで有名なBFですね。ソロでクリアできるらしいので、二人なら余裕だろうということで余裕かまして行ってきました。
<<立案した作戦>>
敵は戦士タイプと詩人タイプのドラゴン。詩人タイプを最初に寝かせている間に戦士タイプを殺す。戦士を倒したら、詩人をマラソンしながら倒す。

という、あまり作戦になっていない作戦を立てて乗り込んでおきました。

構成は赤/忍と黒/赤(俺)。最初に印プガ2で両方寝かして、連続魔発動で戦士タイプにグラスロウパラ。そしてサンダー4を皮切りに精霊連打開始。泉を使うまでもなく戦士は倒せました。

そんで、詩人をマラソンしてもらいながらヒーリング。今にして思えば、ヒーリングしている間はスリプルで寝かしてもらってたほうが楽でしたね。ヒーリング中にマラソンしたせいで、いざ精霊を撃つ段階になった時にグラ耐性が付いていて面倒なことになっていました。まぁ詩人は歌を詠唱している時間があるので、それを上手く利用すればグラビデなしでもヒット&アウェイが可能ですが。

折り返しの時などにカオスブレードを二回ほど食らって、もう面倒になったので最後は泉使ってゴリ押しで殺しました。計画的にやれば泉は必要なさそうですね。

というわけで、龍円舞曲はクリアできましたが、望みのダイセクターは出ませんでした。残念ですね。

とりあえず分かったこと。
  1. バインド中に精霊を撃っても、バインドが切れないことが多かった。レベル低めか。
  2. 詩人タイプはヒーリング中は寝かし&マラソン中はグラバインド、と使い分けた方が良い。
  3. レジやダメカットなどで精霊の通りはさほど良くないので、マラソン中はスリップを可能な限り入れておく。
  4. カオスブレードうざすぎ。逃げるかスタン。
  5. エクレアの武器が欲しいだけなら6人で行って6連戦したほうが遥かに効率良い。
スポンサーサイト
アダマン装備がまた売れたので早速スキル上げがてらキュイラス・サバトン・ガントレを2個ずつ作っておきました。結果・・・
スキル0.3アップ!!
すんげー上がりました。6回中3回アップというステキな上がりっぷり。

というわけで鍛冶99.8になりました。あと0.2で100・・・。俺様の鍛冶ストーリーもあと少しで終わりですね。
そしてまたワモ狩り。

特に語ることはありません。

どうでも良いSS
というわけで続きのミッションをやってきました。

ゼノギアス的なイベントの長さには辟易とさせられましたが、これがスクウェアの真骨頂ってことですかね。無駄にイベントが長くて次のセーブ地点がなかなか見えてこない。ま、イベント自体は笑えるものが多くて退屈しないから良いんですが。

それはともかくまたBF戦があるということでナバゴ処刑場に行ってきました。

カラババ様にキマイラを殺してもらうBF。キマイラのHPがクソ多いみたいですが、カラババ様が一人で精霊魔法連打で倒してくれるらしいので、適当にマラソンしていれば勝てるみたいですね。

というわけで変態さん(仮名)と暗黒君とその嫁さんとともに行ってきました。構成は赤赤白吟。

正直、エレジーあれば赤/忍2人でガチっても普通にセミ回るんじゃないかと思いましたが、とりあえずグラビデとか入れてマラソンしてみました。

ま、余裕でした。ソロ強いジョブならソロでもクリアできるBFのようなので、4人もいりゃそりゃ楽ですわな。

というわけでアトルガンミッション実装分は終了。

どうでも良いSSその1


その2:モスラに絡まれて昇天
アトルガンミッションを長らく放置していたので、進めておきました。

漆黒の棺。ゲッショーと一緒にフォモル5匹と2連戦するやつですね。

赤/白でのソロ撃破報告もあるくらいなので、3人もいりゃ余裕だろうということで、変態さん(仮名)と暗黒君と共に3人でやってきました。

構成は赤/青 赤/白 暗/忍。赤/青が防御ブーストしまくってタゲを集めて被ダメを抑え、アタッカーが一匹ずつ順番に殺していく作戦です。防御ダウンが地味に痛いらしいのでイレース用にサポ白。赤だけだと削りが遅いので暗黒に削ってもらうということでこの構成に。

最初の5匹は赤2狩2モ1の構成。狩は遠くから遠隔撃ってくるだけで大したことないので最後に。モは赤にとってはカモなので放置で、まずは赤から料理。まぁザコですね。TP技が多少ウザイですが、暗黒ですら大したダメージを食らわないような攻撃力しかないヤツらでした。印無しだと寝ないということで放置してましたが、寝かす必要性を感じません。

赤赤モ狩と倒したところでヒーリング。残りの狩はゲッショーが遠くからチクチク遠隔しながらタゲを取ってくれるので、呑気にヒーリングできました。というか、
ゲッショーワープしすぎ
何の脈絡もなく、突然ワープします。イマイチワープする理由がワカランのですが、単に超能力の自慢ですかね?

ま、ともかくヒーリング終わったらサクッと狩人を滅殺。ボス+4匹がまた湧くので、またザコから順番に殺していきました。ま、ソロでクリアできるだけあって3人もいれば余裕でした。最後は連続魔ファイア3とかしておきました。

というわけで漆黒の棺クリア。

どうでも良いんですけど、アトルガンミッションって一つ一つのイベント長すぎですね。この直後のイベントで、白銀貨貰えるヤツがあったんですが、長いイベントを見終わったあとに「アイテムが持てないから整理してもう一回イベント見ろ」とか言われてリアルでのけぞりました。大して早送りできないから、二度連続で見せられるのは苦行でしかないですね。


燃えよキャプテン
前回作ったアダマン装備が売れました。
ジェムキュイラス以外は。
数日の間、寝バザー放置していましたが、全く売れる気配なし。さすがに800万じゃ高すぎですかね。レア度はともかくとして、装備の価値としては明らかにそんな値段つかない性能ですし。

鍛冶の中では一番スキルを必要とする製品のHQだから変に安売りするのもイヤなので、このままコレクションとして倉庫の肥やしになりそうですね。気が向いたらまた寝バザーしようかと思います。


というわけで、NQ製品が全部捌けたので、またスキル上げのためにサバトン・キュイラス・ガントレを2個ずつ作りました。

結果・・・
スキル0.1アップ!!
というわけで鍛冶99.5になりました。

かなりどうでも良いSS
そういえば忍者上げを始めたのはソロメリポに飽きたからだったということを思い出しました。

というわけで、気分転換終了で、新たな気分でまたソロメリポ。いつものワモーラ狩りへと舞い戻りました。

久しぶりに5チェーン775とかいう女帝の限界経験値を拝めたりして、アヒャアヒャしています。

激しくどうでも良いSS
片手剣スキルが240を越えたし、せっかくなのでトライアル武器を貰って潜在外しがてらスキル上げでもしようかと思い立ちました。

思い立ったのは良いんですが、よくよく考えてみたら両手棍のWSクエを終わらせていなかったことを思い出し、そっちを片付けないといけないことに気付きました。

両手棍の潜在外しは終わっており、あとはNMを倒すだけ。両手棍のNMはイフ釜に湧く骨のようです。

割とWSNMの中でも強い部類に入るようで、どうしようかと思いましたが、折角忍者上げたし赤/忍でソロでやれないかと思い、現地へ。

現地へ行って、骨が湧く付近を見てみるとアクティブなモンスターとしてはボムが2匹、コウモリが2匹おりました。通路に引っ張れば微妙に安全地帯がありそうだったのですが、そこに引っ張るためにはボム2匹とコウモリ2匹を狩っておかねばなりません。

というわけでコウモリ2匹からまず処理。
これはダメかも分からんね
一匹倒すのに5分ほどかかっていたので、全部倒す前に再ポップしてしまうなぁと予測できてしまいました。

まぁそれでも気にせずにコウモリ狩り。2匹狩ったら次はボム狩り。自爆で殺されたらイヤだなと思い、3分の1くらいまで精霊で削り。ってか全然MP足りませんね。さすが赤。

結局自爆されたものの、とりあえずボム1匹は処理。んで2匹目・・・ってところで最初のコウモリが再ポップ。こりゃぁ全然ダメですね。もう少し殴り装備を充実させて攻撃スピードを上げて、ボムも殴りで倒した方が良さそうですね。

時間も無かったのでそのままデジョンしてログアウトしましたとさ。
忍者のレベルが37に上がったところで、空蝉2の使い方に慣れておくという意味も兼ねて片手剣のスキル上げしておきました。

ボヤーダでおなつよくらいの蟹と殴り合い。弱体を入れながら空蝉を回していると、目が回りますね。激しく忙しいです。しかもあんまり避けないから凄い勢いで紙兵が減る。

おなつよくらいでスキル上げするならサポ戦とかサポ青とかで防御を上げた方が遥かに効率が良さそうだということがとりあえず分かりました。

結局片手剣スキルを208→246まで上げたところで紙兵が尽きて終了。

空蝉の術詠唱中
以前作ったアイテムが捌けたので、また新しく鍛冶製品を作りました。

前回は20回連続でスキルが上がらなかったところで終わったわけですが、さすがに今回は上がりました。というわけで、
連続スキルアップなしは25回で終了
ということになりました。こんなペースだといつ100になれるのか先が思いやられます。

ま、それはともかく、
またジェムキュイラスできました
2個目のジェムキュイラス。鍛冶スキル103彫金スキル60を必要とする鬼合成のはずですが、2個目のHQ。運を使い果たした感がありますね。

鍛冶スキル99.4になりました。
忍者上げ。

とりあえずソロでブブリムの魚狩り。遥か昔はリンクしていましたが、いつだかのパッチでリンクしなくなったやつですね。砂丘の方にばかり人が集まっていたので、混雑緩和を見込んでノンリンクにしたのでしょうが、相変わらず人はいません。砂丘と違って水エレが現れてウザイし、魚のレベル帯が広すぎて低レベルでは狩りの対象としては微妙というコンボが成立しているせいでしょうかね。

ま、そんなわけで誰も狩ってないのでソロで狩りまくりんぐ。ダブルアタックあったりレベル幅が広かったりするので、一番レベルの高いやつを引くと空蝉貼りなおし必須で面倒でしたが、暗闇の術を入れてみるとアラ不思議かなり避けまくりんぐでした。

暗闇の術の触媒をあまり準備していなかったので、このままだと無くなるなぁとか思っていたらパーティに誘われたので、参加してきました。


構成は忍忍暗竜白黒(33~35)で獲物は要塞のコウモリ・カブト。さすがに35になると楽に狩れますね。何気に初めてイレースを貰えて、回避ダウンも苦にはならず、なおさら楽にできました。

ガリガリ狩りまくってアッサリとレベル37になって空蝉の術:弐を覚えました。もともと何故忍者を上げようと思ったのかも今となっては不明ですが、とりあえず忍者上げ終了。これ以上上げるならさすがに片手刀のスキルを上げる必要がありますね。

暗黒イリュージョン
忍者上げ。

なかなか良さそうな場所が見つからなかったので、ちょっと危険かもと思いつつ外ホルトト遺跡へ。奥の方にいるGhoulを狩りました。

ブラッククラウド・ホラークラウドなどのウザイTP技があるので面倒かなと予想してましたが、実際に面倒だったのは鎌骨のアイススパイクでした。TP技は使わせないくらいの勢いで倒せるので全く問題なし。アイススパイクの麻痺が非常にウザかったです。

ともあれ、所詮は骨だしノンリンクだしで割とサクサク狩れて、アッサリとレベル35に上がれました。

気合入れて振りかぶる骨
久々に赤でメリポに行ってきました。

LSの人達がメリポに行く素振りを見せていたので、寄生して行ってきました。

構成は忍戦モ白赤吟という典型的なメリポ構成。始める前から稼げる匂いがプンプンしました。
移動が面倒だったのでマムージャ監視硝を提案し、バフラウ段丘にて狩ることに。

久しぶりに来ましたが、配置変わってましたね。前回ここでやったのは6月頃だったので、おそらく7月のパッチで配置変えがあったのでしょうかね。というか、配置変えとかいうレベルを越えていますね。忍者だったはずのPhilosopherが黒魔道士になっていたり、モンクだったはずの Infiltratorが忍者になっていたり、名前とジョブの対応が以前とは変わっていました。というか、前がバグだったんでしょうね。忍者タイプが杖もっていたりして明らかに変でしたし、忍者の忍術もほぼすべてレジストしていたので、たぶん忍術スキルが設定されていなかったのでしょうね。

また、以前は忍者タイプは釣っても遠くから暗闇の術とか撃ってくるだけで、空蝉かかっていて寝かせられなくても全く問題のないヤツだったのが、寄ってきて殴ってくるようになっていますね。なかなかウザイ修正入ってますね。

というわけで最初は少し戸惑いましたが、すぐに慣れてガリガリ狩り狩り。
他にもパーティがいて枯れたりもしていたものの、最後は割と独占状態になって100チェーン以上繋がったりしました。2時間ほどで経験値43000ほど稼げました。

メリポが10貯まってしまったので、とりあえず神魔法と名高いスロウIIに振っておきました。
そろそろ赤メリポやら黒メリポやらの残りをどう振るかを考えねばなりませんね。
忍者上げ。

まずはソロでシャクラミの地下迷宮の芋虫・骨・ゴブリンを狩りました。

正直なところ、コイツらは忍者的には狩りやすい敵ではないのですが、他に良い場所も見つからなかったので結局コイツらを狩ることに。

乱獲して女帝の指輪の効果が切れたところでパーティの誘いが来たので、乗り込んでおきました。


構成は忍忍暗狩白赤(32~34)、獲物はガルレージュ要塞の一匹コウモリ。

例によって微妙にキツイというか、前衛のレベルが33以下だったので倒すのに時間がかかってたわけですが、空蝉回しのおかげで何事もなく狩れているかのように錯覚できます。

個人的には、どのレベル帯だろうが前衛の削りで倒すのであればつよとて連戦の方が良いと思うんですが、最近は空蝉のおかげでかなりレベルの高い獲物でも狩れてしまうのでそちらを選択してしまうんでしょうかね。まぁつよとて連戦だと獲物が足りなくなる可能性が高いことと、レベルが2つも上がれば確実にマズくなるというのもありますかね。2つもレベルが上がれば十分だろという気もしますが。

要塞は久々でしたが、相変わらずリンクが面倒ですね。昔と違って外に逃げれば消えてくれるので、戻るのを待つ必要がなくなっていたのは救いでしたが、それでもリンクする時は3匹くらいいっぺんに来てしまうのでなかなか危険です。

定番の1匹コウモリを狩っていたわけですが、3匹コウモリって今でも強いんですかね。青魔道士の実装に伴ってジェットストリームは弱体されたという噂を聞いたような気がしますが、どの程度になってるんでしょうね。


ま、とにもかくにもレベル34になりました。母衣武者の篭手ですYO!

ナイスプリケツ
衝動買いしたものの、まだ装備できないという現実に震撼。
というわけで忍者上げ。

フラフラしてたらパーティに誘われたので、乗り込んでおきました。

入ってみたら忍忍暗暗黒赤(32~33)で、クロウラーの巣で芋虫狩りの予定だったみたいですが、赤の人がノーグがホームポイントになっていたらしく、移動に時間がかかって迷惑をかけるから抜けるとおっしゃって抜けていきました。

これって理由としてどうなんですかね?正直、
代わりも用意せずに抜ける方が迷惑
とまで言うのもアレですが、はっきり言って人いなくて補充が簡単には見つからないので、かえって時間がかかったりするんですが。
誰もが納得するもっともらしい理由を言って欲しいものです。嘘でもいいから。


補充を探しているうちにもう一人の忍者も抜けていったりして、結局忍シ暗暗黒というデフォルトでは回復能力を誰も持っていないステキ構成になりました。解散ムードが漂ってましたが、アルテパのカブトなら狩れる気がしたので、試しにカブト狩り。
何の問題もなく狩れました
暗黒と黒がサポ白で回復したりしなかったり、忍者とシーフで空蝉回ししたりしなかったり。例によって回避アップと回避ダウンを消せないのがツライところでしたが、アシッドボルトのおかげで与ダメージは前より大きく、何だかんだで順調に狩れました。

というわけで割とアッサリレベル33になりました。クジャクですYO!
いやぁ・・・戻ってきたよ、アイツ。
ジェムキュイラスのことね。
というわけで10万無駄にしました。

まぁ1000万で売れたらラッキーくらいにしか思ってなかったので、今度は値段を下げて900万で寝バザー放置しておきました。
一瞬で売れました。
寝る前にセットして朝起きたら売れてました。はえーよ。


というわけで即座にクジャクの護符と母衣武者の篭手を買いました。自分でも驚きの速さでのジェム→金→クジャク&篭手への変換速度です。

ちなみに二つ合わせて1000万だったので、赤字ですね。ま、成金のお約束ですね。




FFとは直接関係の無い話。

最近巷で流行っているFF11診断というページの心理学的適性ジョブの診断をやってみました。

これ自体はナイトや竜騎士が最適黒や赤は向いていないというステキな結果を返してくれていたのですが、それはともかくとして、性格診断にはエゴグラムという手法を用いているらしく、そちらに興味があったので詳しく見てみました。


人の心を5つのパラメータ(CP,NP,A,FC,AC)に分けて、何らかの方法によってそれぞれのパラメータに点数を付けて、その点数の組み合わせによって性格を分類する、という感じでしょうか。

それぞれの項目の意味は以下の通り。


CP (Critical Parent)=批判。責任感の強さに関係するが、行き過ぎると攻撃的になる。
NP (Nurturing Parent)=養育。思いやりや寛容さに関係するが、行き過ぎると過保護になる。
A (Adult)=理性。理性や冷静さに関係する。行き過ぎると自己中心的になる。
FC (Free Child)=自由。創造力に関係するが、行き過ぎると無責任になる。
AC (Adapted Child)=従順。我慢や妥協に関係するが、行き過ぎると消極的になる。


多くの場合、質問の受け答えの内容によってこれらの5つのパラメータに点数を付けて、その点数によって各パラメータごとに3段階評価(abc)に分ける。その組み合わせで性格を診断する、ということをやるみたいですね。なので、この方法では3の5乗=243通りに人間の性格は分類されます。とは言っても、多くの人は20から30程度の「典型的な例」に当てはまるらしいですが。

特に重要なのが、CPとNP(親の心)、およびFCとAC(子供の心)のパランスらしく、Aはあるに越したことはないが、無いからと言って社会生活に支障をきたすような要素ではない、という見解のようです。まぁここらへんの解釈は結構人によってマチマチだったりもするようですね。

ま、ともかく原理が分かったところで、自分の結果を吟味してみました。

診断結果その1
診断結果その2


自分はCP,NP,A,FC,ACが順にbbabbという評価でした。(a>b>c)
まぁつまり、

社会生活においてはどうでも良いAだけ高い


というわけですね。まぁCPとNP、FCとACのバランスは良いみたいなので、人として問題のある性格をしているわけではなさそうです。

ただ、診断結果その2の最後に書いてある文章


およそうるおいにとぼしい心の持ち主で、どれほど孤独な立場に立たされても、世の中とはこういうものと達観しているようなところがあります。





急所にキタコレ






なぜ俺様に友達がいないとバレているのか。恐るべし性格診断。
忍者上げ。

まだ砂丘の羊・トンボで経験値が貰えるので、こいつらを乱獲しました。
レベルが上がったこととサポ赤によるいくつかの副次的な効果のおかげでかなり楽に狩れるようになっていました。

すんなりとレベル32にアップ。


相変わらずのどうでも良いSS
レベル30になっていろいろと装備を整理していたらパーティの誘いが来たので、忍者で初めてパーティに乗り込んできました。

前衛でパーティに乗り込むのは実に4年ぶり。かつて俺様が前衛でパーティに入っていた頃は殴られてTPを貯めて、レタスとセラブレを交互に繰り返して最後に乱撃で〆、みたいな時代。あれから時代は驚くほど変わりました。なので、ぶっちゃけ前衛でパーティ組むのは初めてみたいなもんですね。ま、このレベルなら
挑発さえしてれば大丈夫
に違いないと予想し、パーティに潜り込んできました。


構成はレベル29~30忍忍戦モ白赤。獲物は東アルテパ砂漠のカブト虫。
このカブト虫って遥か昔にレベル32くらいで狩っていたような記憶があったので、このレベルで狩れるのかどうか少し不安でしたが、一応狩れました。
戦闘時間は超長かったけどな。
最初スシ食って殴ってたんですが、0~10程度のゴミのようなダメージしか出ず、全然削れませんでした。このレベルだとディスペルもイレースもないので、敵の回避アップを消せず、こちらの回避ダウンも消せない。どちらも地味に痛い、というかかなり痛いのでなかなか大変でした。

まぁでも所詮はダブルアタックも範囲攻撃もないカブト虫なので、空蝉を使ったタゲ回しをやっていれば、死ぬことはほぼありません。

最近は黒ソロで時給8000近く出してたり、忍者でも楽乱獲で時給2000~3000程度は出していたせいで、「パーティなら時給6000くらいは普通に稼げるんじゃね?」とか勘違いしてましたが、こんなレベルで詩人なしでそんなに稼げるわけありませんね。時給は3000~4000程度で、「そういえばこんなもんだった」と思い出しました。

とは言え、レベルアップに必要な経験値を考えるとステキな時給であることは間違いなく、アッサリとレベル31に上がりましたとさ。

ダチなしタルタル砂漠にて忍者デビューの図


まぁここまではどうでも良い前置きだよ
こんなレベル上げの話なんかはどうでも良いんですよ、うん。いや、どうでも良くはないんですが。一応関係あるし。

革命だよ、革命。


革命が起きたんですよ。つまりですね、レベル上げが終わった時にですね、



フレンド登録依頼されたよ







スゴクね?



いや、スゴイですよね。まさか誰もが見過ごしてきた、誰もが気づかなかった俺様の魅力にたった一度のパーティで気づいた人がいたわけですよ。思わずフレンド登録をしたくなるような魅力を俺様が垂れ流していることを敏感に察知して、フレンド登録を依頼してきた人がいたわけですよ。



それも二人も。



いや、この二人はスゴイね。誰も気づかなかった、きっと俺様自身すら気づいていない俺様の魅力に気付いてフレンド登録を依頼してきたに違いありませんね。

うん、まぁ、何て言うかさ、



自分でもなぜ依頼されたのか良く分からないんだ




何かオレ特別なことしたっけ?挑発?



何はともあれ友達が二人増えました。疎遠にならないようにしたいですね。
忍者上げ。

29になるとブブリムのカニも練習相手にならないのが混ざり始めるので、狩場を変更。
できればギリギリ経験値の貰えるレベル19から22程度のモンスターを狩りたいところですが、良い狩場が見つからなかったのでレベル20から23のモンスターを狩ることに。

最初はブブリムでキリンや鳥を狩ってましたが、良い場所が無かったので、砂丘に移動しました。砂丘の北東側、森の少し南側で羊・トンボを乱獲しました。

さすがにレベル23のやつを引くと、空蝉を戦闘中に張り替えないといけなくなったり、数回攻撃を食らってしまうと相手のTPが貯まってTP技を使われてしまったりで面倒でした。ここまでの楽乱獲では基本的にTP技を使われることはなかったのですが、敵も強くなってきてますね。

何はともあれ、時給2000弱程度は稼げて、アッサリとレベル30に上がりました。

20代後半は片手剣の性能が突出していないので若干きつかったですが、レベル30になると片手剣メリポの3段階目開放・サポ赤によるファストキャスト、および潜在ベルトによる片手剣スキル+5・百人隊長剣というアホみたいに高性能な片手剣の開放があります。これらによって大幅に強くなったのではないかと期待しています。

Level Up !!
鍛冶スキル上げ。

いやぁ、何て言うか、アレですよ、アレ。つまり、
ステップストーン売れたよ。
ついでにスパイクフィンガーとかも全部売れて、以前鍛冶のスキル上げで作った諸々の品も全部捌けました。
ま、デフレの影響で大赤字でしたがね。
デフレだけじゃなくて職人同士の足の引っ張り合いの影響もありますが。ていうか4月から5月にかけて必死に93から99まで上げて貯金を2000万くらい消費しましたが、今だったら1000万くらいで済んでましたね。時期を完全に見誤った!

とにかく、金がちょっと入って在庫も売れたということで、またいくつか鍛冶製品を作ってスキル上げしておきました。

自分の記憶では、前回上げたのは5月の終わり頃。その時は確か、14回くらい連続でスキルが上がらないまま終わったと記憶しています。
さすがに今回は上がってくれよ?


という淡い期待を胸にスキル上げ。カルバリン、アダマンサバトン、アダマンキュイラスを2個ずつ作ることに。

結果・・・・








スキル上がりませんでした








ギャフン





というわけで20回連続スキル上がらないという記録的な現象が発生して、凄く萎えてたわけですが、最後の合成をよくよく見てたら・・・・






ジェムキュイラスキタァァァァァ





HQ来てました。スキル上げでHQが来たのはデスサイズに続いて2個目ですね。正確にはゴールドインゴットやアダマンインゴットのHQも出たことがありますが、意味が無さすぎです。

競売で価格を見てみたら1000万ほど。正直この装備に1000万の価値があるとは到底思えませんが、1000万で出品しておきました。
手数料だけで10万取られました。
戻ってきたら寝バザ放置ですね。鍛冶スキルは99.3のまま上がらず終了。
忍者上げ。

今度は場所をブブリムの海岸に移してカニ狩り。

最近はブブリムでパーティを組んでる人を全く見かけないので、案の定、基本的にはガラガラでしたが、ここもPLがチラホラ来ます。というか、
PLでカニを狩る理由が全く理解できない
そもそもPLしているからには効率良く経験値を稼ぎたいという考えが少なからずあるのでしょう。ならば、死ぬ心配はほぼゼロなのだから攻撃が強くても防御が弱いヤツを狩るべきで、シザーガードとか使ってくるカニが対象になるとは思えないのですが。アシッドボルトで防御アップを消せるならともかく、PLされてるのは大抵アシッドの無いジョブ。そりゃアシッドあるならボルトでミミズ狩るはずですからね。

まぁ単にPLと狩場が被ると俺様の稼ぎがマズくなるという愚痴を言うために別方向から攻めてみただけですね。PLしている人が何を考えてカニを狩ってるかなんて本当はどうでも良いことですね。

というわけでブブリム海岸にてレベル29への階段を上りました。

カニ道楽
忍者上げ。

ミミズ乱獲はウマイんですが、このレベルになると独占できない限りは枯れてしまうので、場所をオルデール鍾乳洞に移しました。

西側の入り口から入って右に曲がったところにいる大量のゴブ・ウザギを乱獲しました。実は獣使いのレベル上げでも使った場所だったんですが、さすがにここは人が全く来ないですね。独占して狩りまくっていました。

ミミズファンタジーが時給2500強、ここは時給2000弱といったところで、どうしてもあちらよりマズイと感じてしまいます。人間とは贅沢になってしまうものですね。

というわけでアッサリとレベル28まで上がりましたとさ。

ウサギダイヴの図
忍者上げ。

25になるとユグホトの雑魚オークが練習相手にならなくなってきたので、狩場をシャクラミの地下迷宮に変更。

入り口付近にいるコウモリ・ゴブリン・ミミズを乱獲しました。

ミミズって、攻撃が届く距離で殴り始めると最初に魔法を使ってこないですね。魔法を使うモンスターは全て最初は魔法を撃ってくるものだと思っていたので意外でしたが、ストンガさえ使ってこなければ忍者的には完全にカモです。非常においしく頂きました。

ミミズはさすがに人気があって、他にも狩りに来る人がちらほらいます。というか、
PL多すぎ
なんていうか、最近はPLが当たり前なんですかね。2アカなのか知り合いをPLしているのか知りませんが、やたらとPLが目に付きます。

まぁ俺も楽乱獲なんかやってるからある意味PL以上に邪魔な存在なんですが、正直なところPLみたいに超安全に狩れるなら、ソロだと危険で誰も来ないような場所でやってくれればお互いに獲物の取り合いにならずに済むのになー、とか思ってしまいますね。

ま、詮無きことですね。こういう時代だというだけの話ですね。

というわけで、シャクラミにてレベル27まで上がりましたとさ。

地下迷宮にてミミズ狩りの図
忍術関連のクエストや、忍者で使えそうな装備が貰えるクエストをやっておきました。

ベネラーリングが貰える「夢追い旅」
捕縄の術が貰える「大自然の極上酒」
呪縛の術が貰える「濡れた巻物の秘密」

どれも移動が面倒なだけで、難易度は高くないのでサクッとこなしておきました。


オープン・ザ・シェル
獣人印章50枚BFNM「拳闘士の獲物」に行ってきました。

変態さん(仮名)がこのBFがウマイと主張していたので、暗黒君とともに行くことになりました。

構成は獣×3。このBF、獣の間では有名らしいですが、一般的にはあまり知られてないですね。グーブーがど真ん中にいて、それを倒せばクリアなんですが、制限時間がなんと3分。恐ろしく短いです。

獣3人でキノコペットを呼び出して殴ってりゃそれだけで終わるんですが、それ以外の構成だと割と絶望的に削れないのではないかと思います。カウンター食らうと一発200ダメとかで恐ろしいので、実質的にタゲを取っている人は攻撃できませんし、そうなると頭数の多い獣が有利です。また、2hアビが「かまえる」なので、それが発動したらペットの殴りで一瞬で沈んでくれます。

制限時間が3分ということは裏を返せば戦闘自体は一瞬で終わるわけで、3連戦を2回やったりしてみました。そして値段の高いものはフリーズ、クエイク、スパイクフィンガー2個ゲット。クエイクはともかくフリーズが未だに高いことに少し驚きました。

変態さん(仮名)が言っていた通り、なかなかウマイですね。楽だし、ハズレにくい感じだし、ドロップアイテムもさかんに取引されているようで、すぐ金に変えられそうです。
ちなみにステップストーンはまだ売れてません。
羊もハズレにくいですが、アタリでもなかなか売れないのがイタイですね。


さよならグーブーの図
忍者上げ。

ゲルスバ野営陣のオークにも経験値を貰えないのが混ざり始めたので、ユグホトの岩屋に移動してひたすら楽なオークを乱獲。

弓やら魔法やらで空蝉を確実に剥がされるのがウザイという以外に特に感慨もなくレベル25まで上がりましたとさ。

25になってハーネス系の装備とはオサラバ
忍者上げ。

ゲルスバ野営陣にて楽なオークをひたすら乱獲。

そろそろ楽乱獲もダルくなってきましたが、割とアッサリレベル22になりました。

ナイトのくせに槍装備のNMの図


獣人印章50枚BFNM「戦う羊」に行ってきました。

暗黒君が光る眼に行きたいとか言っていたんですが、俺は戦う羊に行きたいと言ってみたら本当に行くことになりました。

というわけで獣獣獣戦赤赤で乗り込んできました。俺と変態さん(仮名)が赤。暗黒君は獣でした。

一応行きたいと言った手前、BFに関する情報をいろいろと調べてみたところ、
  1. 羊が3匹いる。羊の強さは3匹で同じ。
  2. 羊にはスリプル・ララバイ・あやつるは効かない。
  3. 羊の通常攻撃はノックバック付き。
  4. 羊の通常攻撃の命中率が高く、忍者にタゲ固定などでは蝉が回らない。
  5. 範囲睡眠TP技やレイジの後の頭突きなど、TP技はウザイ。
  6. 羊の移動速度は若干速め。普通に走ってると追いつかれる。
  7. バインドは印なら入る。グラビデは普通に入るが、かけ続けると耐性が付く。
  8. 空蝉で攻撃は避けられるがノックバックは食らう。なので魔法を詠唱する時は壁を背にする必要あり。
まぁこんな感じでしたかね。
思いっきり間違った情報が混ざってましたが。
俺様は思いっきり割れてる忍者をサポにして、赤/忍でマラソンしてきました。
マラソンは超余裕でした。
というのは、間違った情報というのが8番目の、空蝉でノックバックは回避できない、というヤツだったからです。普通にノックバックも食らいませんでした。ですので空蝉がかかっている状態なら魔法の詠唱はし放題でした。

最初にグラビデ→スロウ→バイオ2→ポイズン2を入れて適当に距離を取りながら下に向かってマラソン。折り返して戻ってくる頃には既に一匹目は終わっているので、そこでマラソン終了です。超余裕です。
6番目の情報の羊が足が速い、というやつですが、これは本当っぽかったですね。グラビデが切れると追いつかれます。ですが、羊の攻撃がTP技みたいな扱いっぽくて、発動するまでに少しタメみたいなのがあって、その間に範囲外に出ると「遠くにいるので実行できない」というログが流れて結局食らいません。つまり普通に走ってればグラビデなしでも何も食らいません。というわけでグラビデが切れても気にせずダッシュ→折り返しの時に一応グラビデ入れる、という感じでも余裕でマラソンできてました。

結局6戦6勝。自分はステップストーンが出て、売れれば100万くらいになるみたいですが、なかなか売れそうにありません。最終的に50万くらいになってしまうのではないかと危惧しています。

ダチなしタルタル羊から逃げ惑うの図。
忍者上げです。ゲルスバに籠もってひたすら楽そうなオーク狩り。

特に語ることもなく楽にレベル20に上がりました。

ただ、戦車のNMには負けそうになったので、最後に微塵しておきました。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。