プロフィール

ダチなし


FINAL FANTASY XIをプレイしている友達の少ないタルタルの日記。今日もアリエナイ角度でひとりよがり中。
by ダチなし

初めて訪問した人向け

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そんなに楽勝でもなかったっていう。

青二人でキングを倒すってのはちょっとキツイっぽいですね。
大人しくキングはマラソンしときました。
スポンサーサイト
以前、赤と青なら二人で「会議は踊る」クリアできるんじゃね?
という妄想を変態さん(仮名)に語っていたんですが、
変態さん(仮名)が調べたところ既に攻略されていたらしくて、
そりゃウメェってことで真似してやってみることになりました。

参考にした攻略記事はコチラ。ありがとうございます。

一応「会議は踊る」の説明。
  • 敵はカーディアンで、ボス一体と護衛二体。
    ボスはナ黒赤白から一体選ぶ。護衛は黒と白。
  • 護衛はHPを減らさない限り、近づいてこず、遠くから魔法を撃ってくるだけ。
  • グラビデやバインドの効果を与えるとハイパー化する。
  • ヘイトが連動しているのか、護衛とボスを接近させて戦うと敵のターゲットが殴っている人に移ることがある。

んで、戦略としては、黒を選んでグラビデバインドを使わず赤/忍でマラソン。
青/忍がソロで護衛黒>護衛白の順にタイマンで片付けていく流れです。

というわけで実際にやってみました。

一回目
護衛の黒は割とアッサリぶっ殺せたものの、
白をやってる途中にボスのタゲが青に移ってしまい、青が死亡。
んで、衰弱を待ちながらボスと護衛白をマラソンしてたら
ファイガ3>スタン>スリプガ2の鬼コンボが来て敢えなく死亡。
というわけで失敗。

二回目
ヘイトの連動で青にタゲが行くのが困るので、
護衛黒をやってる時は広場で瞬殺してもらい、
白をやる時は入り口まで引っ張ってやってもらうことに。

ボス一匹だけが相手のマラソンなら、広場の外周をグルグル回っていると
何故か敵も一番外側をグルグル回ってくれるので、
相手がガ系さえ使ってこなければそれで延々とグルグル回れる感じ。

しかし、こっちの割と余裕なマラソンっぷりとは裏腹に、
祝福を使うせいで青一人で護衛白を削るのが若干キツイ模様。
なんかHP真っ赤、MPほとんどゼロみたいな状態になってました。
よく分かりませんがバイルか何かを使って倒したようですハイ。

んで、最後の黒だけになったら後はどうとでもなる感じでした。
ボスは黒タイプながら普通にダブルアタック乱射で地味にきついのですが、
簡単にマラソンできるので、MP尽きたらマラソンで乗りきりまして見事勝利。


MPさえあれば青魔法でゴリッと削れます。

ちゅーわけで何とか二人でクリアできましたが、
疲れるので金稼ぎとしてはやりたくない感じですハイ。

適当に感想まとめ。
  • ボスの攻撃がダブルアタックだらけで空蝉は一瞬で剥がされる。
    オロボンのマラソンに近いものがある。基本的には余裕だが、ガ系魔法とスタンが厄介なうえにヘイト連動があるため、100%負けないようにするのはなかなか難しい。
  • ボスにはTPリジェネがある模様。
  • 赤青+赤or青or白の三人でやればたぶん余裕。
    赤青青で最初に青二人がボスを集中攻撃、その間に護衛二匹を赤がキープするのが最も安定するのではないかと思われる。(※ 試してみたら、青二人だけで黒キングを倒すのはキツそうです。大人しくマラソンするのが無難ですね。)
サソリBCってナイトと赤の二人ならザコ装備でもクリアできるんじゃね?
と思ったので変態さん(仮名)と一緒にナ/踊と赤/忍で行ってみました。

作戦は、ナイトにファランクスIIをかけてひたすら粘りながら殴り殺すだけ。
下手にスリプルするとグダグダになるかもしれないので、スリプルすらしません。
一匹倒すごとにサソリが徐々に強くなっていくようなので、
サソリを瀕死にしたらソイツは放置して他のサソリのHPを減らし、
最後にまとめて倒すっていう流れでやってみることに。

んが、実際やってみたら勢い余って殴り殺してしまったり、
範囲攻撃が途中から妙に痛くなったと感じたりで、
結局瀕死のサソリを放置せずに普通に殴り殺していくことにしました。


割と普通に殴り殺せた

まぁ、予想通り普通にクリアできました。
そして予想通りアイテムもショボかったです。サソリはもう当分イカネ。
えふえふが終焉する前に、とあるアイテムを金で買っておこうかと思い初め、
良い金稼ぎがないもんかと探していたりします。
クロマ鉄鉱をアルザビウーツにするだけでも結構儲かるんですが、
金の成る木であるクロマ鉄鉱ちゃんは競売において大人気。
物凄い争奪戦が秒単位で繰り広げられており、
競売に張り付いていないと無理ってくらい買えません。

ちゅーわけで自分で取りに行ってみることにしました。
オロボンの呪縛に赤/忍ソロで突撃であります。

オロボンの呪縛
敵はAngler Orobon一匹。特徴は
  • 攻撃間隔は普通だが、ダブルアタックが多い
  • グラビデ・バインドには徐々に耐性が付くが、微妙に足が遅い
  • TP技は結構きついのが多い
  • ポイズンがほぼ効かない上に魔法ダメージカットがある。
そして攻略法ですが、これも遥か昔に偉い人達によって確立されております。
  • 基本的にバインドグラビデを使わずに走って逃げる
  • ピンチになりそうならバインドを使ったりする
  • MPがあるうちはグラビデを入れて精霊を撃つ
  • コンバートはリキャスト回復直後に使うように調整する。

まぁこんな感じ。
基本的にポイズンが効かない上に精霊にも強いので、
制限時間内に倒すことができるかどうかが問題になる相手のようです。

一回目
見事に時間切れ。
実のところマラソン自体はかなり余裕だったんですが、
最初のうちにちょっとビビりすぎてバイオを入れるのを忘れてたり、
コンバートのリキャストが回復しても暫く使わなかったりで時間内に削れず終了。

二回目
さすがに二回目ともなると結構余裕があって良い感じに削れてたんですが、
途中ちょっと無理に空蝉壱で乗りきろうとしたら
ダブルアタックを喰らいまくって死亡。

リレイズはかかっていたもののBFの奥で死んでしまい、
オロボンの視界には入ってないものの、オロボンのすぐ近くでプリケツ。
オロボンが視覚感知であることを祈っていざ復活!

思いっきり聴覚感知でした\(^o^)/
オモックソ反応されて、終わったと思いましたが

⊂(^ω^)⊃セフセフ

何が起きたかと言えば、起き上がると同時にオロボンのTP技が発動。
それがヒプニックランプ(視線睡眠)とデスナッシュ(瀕死)の連続攻撃。
こちとら瀕死だから関係ねーっつのプギャー。

というわけでバインドの詠唱が間に合って、命からがらマラソン続行開始。

そもそもグラビデバインド無しでもマラソンできる敵なので、
衰弱状態でもマラソンの維持だけはでき、何とか衰弱回復できました。
ですが、明らかに時間がヤバイので速攻でコンバしてゴリ押しゴリ押し。
んで、何とか倒して箱を調べたところで

⊂ミ⊃^ω^)アウアウ

おいィマジかよコノヤロー今オレ箱調べただろクパァって音なってただろアイテム寄越せマジでフザケンナどうやって俺が時間切れだって証拠だよ死にさえしなければ余裕だったのに何故オレは無駄に死んだりしたあーそうさ全てオレが悪いのさオレが悪かったよもう寝るよ永遠に

ディスプレイの前で頭を抱えながら身もだえていたら


⊂(^ω^)⊃セフセフ

一応箱を時間内に調べればOKのようですね。
一瞬リアルで吠えそうになりましたが、
アイテムのゴミっぷりに全ての感情が消え失せました。
フェンリルに勝てたなら聖牛にも勝てるんじゃね?
ってことで今度はウルガランの聖牛をソロでやってきました。

聖牛の特徴はこんな感じ。
  • バインドとグラビデは効くが、耐性が付く。
  • モードチェンジがある。(通常、無敵、攻撃、防御)
  • モードによって攻撃間隔が変わる。

んで攻略法ですが、偉い人達によって遥か昔に確立されております。
  • 耐性が付かないように無敵モード、防御モード時は空蝉で耐える。
  • 通常モード、攻撃モード時はバインド or グラビデを入れて離れる
  • スリップと精霊で削る

というわけで偉い人達に従ってやってきました。

モードに合わせてこちらの行動が変わるので、モードの見極めが重要です。
というか、モードの見極めさえ間違えなければぶっちゃけ負けないと思います。

普通はモードチェンジの時の色やら精霊ダメージやらで判定するみたいですが、
色は見逃すことがあるし、精霊ダメージは初めてだとよく分からんので、
ひっついて攻撃間隔を見て耐えられそうかどうかでモード判定。
耐えられそうならそのまま耐えて、無理そうなら離れる。
攻撃モードの時に判断が遅れていきなり死にそうになったりしたわけですが、
そんな時も運良く生き延びることができたりしまして、見事クリアであります。

というわけで、運に助けられた面もありますが勝てば官軍。
これからは「聖牛なんてソロで余裕^^v」とホザきたいと思います。

| ホーム |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。