プロフィール

ダチなし


FINAL FANTASY XIをプレイしている友達の少ないタルタルの日記。今日もアリエナイ角度でひとりよがり中。
by ダチなし

初めて訪問した人向け

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
学者のレベルが85になりました。
アビセアミザレオにてコリブリ乱獲であります。

最初は青〆。詠唱半減を使って〆まくり。
明らかに〆は黒より楽。

んで、〆の役割が終わったら今度は削り。
コリブリは攻撃が弱いっつーかTP技がショボイので、
タゲ取り上等で接近して戦闘開始と同時にブリザドIV。
んで、脳筋共が倒すまで耐えるっていうのを繰り返してました。
最初は無尽蔵に湧き出すMPを無理やり消費するために始めましたが、
脳筋共が食事を取らないのでコレはコレで結構なダメージソースに。
とゆーか、幽遠のアートマのおかげでかなりゴリッと削れます。
あと、挑発しないヤツはクラブスシで良いから食え。

コリブリが一匹なら全然死にそうにすらならないんですが、
コリブリが自分をタゲってる時にリンクされると
ソイツのタゲも自分になるので、そうするとたまに死にそうになります。
4時間くらいやってて一回だけ死にました。

ザコ相手なら学者の精霊はなかなか強いっていうか黒より便利です。
青〆役としては何だか黒やら青やらの募集の方が多いですが、
詠唱半減のある学者の方が黒より遥かにやりやすいと思います。
「精霊がレジレジな割に精霊で削らなければならない敵」が存在しない現状、
黒の学者に対するアドバンテージって、
事実上スタンくらいしかないんじゃないかという気がせんでもない。

まぁ学者募集しかなくなったら黒を上げる時に困るから別に良いんですが。
スポンサーサイト
赤上げが終わったので、今度は本命の黒上げ。
アビセアアットワの黒募集があったので乗り込んでおきました。
何やらAF足がアットワのデカ箱から出るらしくて、
出ることは全く期待してなかったですがとりあえず黒希望で参加。

コカトリス狩り予定だったようですが、既にPTがいて混雑。
んで、代わりに隣にいたミミズを狩ることになりました。

んが、狩り始めてみたら、なんとミミズちゃん青を光らせない。
仕方ないのでさらに隣にいたエフトで青を光らせることに。
んで、エフトを狩り始めましたが、ハンパなくウザイ。
範囲痛いわ、強化消すわ、リンクするわ、パネェっす。

死人を出しまくりながらも何とか青と白を光らせたあと、ミミズへ。
そしてこのミミズがまた弱い。とてつもなく弱い。
まさに瞬殺。でも経験値が少ない。70からスタートってアンタ。

まぁ狩りまくってたら経験値は徐々に上がっていったのと、
一匹あたりの時間がスゲー短いのとで結局のところ稼げまくって85到達。

んで、AFですが黒は結局一個も出ず、代わりにモ赤が出まくりっていう。
この偏りどうにかして欲しいっていうか、
種族装備みたいにしてくれりゃーまだ公平感があるのにっていつも思う。


んで、それはともかく解散後は当然居残り開始であります。
むしろここからが本番である。
黒AF足をゲットしてやるぞゴルァァァ。
という決意のもと、320分の居残りタイムスタート。

乱獲しながら思ってましたが、ここのミミズは黒にとって超カモ。
アクティブだけどリンクしないし、近づいてこないし、MP吸えるし、
使ってくる魔法もショボイのが多いし、夢のように狩りやすい。

狩り始めたらいきなりブレイクストンジャが出て興奮したりもしつつ、
ひたすら5時間ミミズを狩りつづけました。
幽遠と野望のアートマ、さらにテンポラリや癒し箱で
狩ろうと思えばほとんどヒーリング無しで狩れます。
が、さすがに疲れまくってて中の人にヒーリングが必要でした。

んで、戦果ですが。


箱の中身を見た時、リアルで咆哮した。

黒AF足ゲット。
ちなみにゲットした時点で既に4時間が経過しており、
戦モシのAF足が電子の波に呑まれた後であった。
いらないモンが出まくるクソ仕様はマジでどうにかすべき。

あとは魔法やら素材やらで時価総額120万くらい。
ついでに精霊魔法スキルが青に、暗黒スキルも20くらい上がり、
戦果には満足しましたが、とにかく果てしなく力尽きました。
限界突破したので早速レベラーゲ。

いくらでも乱獲シャウトあんだろってノリで白門で待ち。
適当に暇つぶししながらシャウト待ちしてたら、
アビセアミザレオ乱獲シャウトのログが流れたので光速でtell。
とりあえず動きやすい赤から上げておくかーってことで赤で参加。

というわけで、何故か砂丘が入り口なアビセアミザレオに突撃。
ブガードの狩場は入り口から遠いみたいで、結構歩く歩く。
しかも途中にいるNM共が見破りみたいで絡む絡む。
狩場に行くだけで数名死んで時間が20分近く経過してましたが、
そんなことは気にせずとにかく狩りスタート。

しっかし、ここのブガードはとにかくデケーッス。
近くに来られると足しか見えません。何故あんなに巨大にしたのか。
そしてブガードに対するそれ以外の感想は特に無い。

乱獲自体はブガード自体の経験値が660まで成長するわ、
アートマのおかげでMP管理とか不要で楽だわ、
恐ろしい速さで稼げてアッサリ85になれました。
が、相変わらずスキルが全然上がりませんね。
またどこかでスキル上げをしないといけませんな。


巨人はワシが倒した。
やる気があるうちにサポレベルまで上げきっておこう作戦。

Lv42
ユタンガでトカゲあたりをペットにするのが良さそうに思えたので、
獣使いを上げた時に弓ゴブをやったあたりに行ってみたのですが、
まぁ正直言って弓ゴブの数が少なすぎて乱獲には不向き。

他に良い場所はないかと狩場を探していたら、凄く辺鄙な場所に人が。
何やってんのかと思ってサチコメを見てみたらエルシモの名石取り。
んが、白Lv38のソロ。しかもサポは黒Lv17で割れてる始末。
明らかに時間かかるだろうソレ・・・
白38ソロは辛かろうと俺の中の紳士が動き出した瞬間である。
決してその白がミスラだったからなどという不純な動機ではない。
あくまで、えふえふを志す同志を助けたい、その一心に過ぎないのである。

というわけで、声をかけて手伝ってみました。
丁度そこらへんにペットにうってつけのクアールが転がっていたので、
それを操りながらトカゲを縦横無尽に乱獲。
ま、トカゲ自体は楽勝なんですが、相変わらず出ませんね、名石。
自分がやった時も30匹くらいは倒したような記憶がありますが、
この時もまた30匹くらい倒したところでようやくドロップ。

このクエストどうにかならないんですかね。


地味に経験値も稼げました

Lv42-44
んで、結局ボルトジョブのレベル上げをした場所が
FOVも近くて良さそうだったので
そこらへんでソロってたらパーティへのお誘いが。

ナ青踊白赤コLv27シンクでヨアトルマンドラ。
適正はLv28~らしく、確かに攻撃がミスの嵐の上に当たってもカスダメ。
マンドラの攻撃力が低いので何とかなるものの、戦闘時間が長い。
火力不足な構成だったのか、Lv28でもちょっと時間がかかる感じで、
Lv29になってからようやくスイスイ狩れる感じになりました。


夢想花のウザさは異常

Lv44-50
サポ獣でヨアトルのマンドラ・トカゲ・ゴブリン乱獲。

さっきのパーティで気づきましたが、ヨアトルガラガラですね。
ヨアトル自体に人が全くいないことも珍しくない感じ。
昔は超人気狩場でいつ行っても人がいたように思いますが、
今はレベルシンクを使ってクフィムで粘り続けるんですかね。
それともマトモにレベル上げをすること自体が時代遅れですか。

というわけで乱獲できそうだと思ったのでソロで乱獲。
FOVもすぐ近くにあるので、なかなか美味。
ですが、さすがに40後半になるとペットのレベルが低すぎて微妙で、
フェ・インかベヒーモスの縄張りあたりに行こうかと思いましたが、
フェ・インはFOVが無いのが微妙、縄張りは人がいるっぽかったので
そのままアニバーサリリングで誤魔化してゴリ押し。


カニっぽいポーズで刺す

というわけで踊り子のレベルが50に到達しました。
いろいろとやれることが多くて面白いジョブですね。
両手棍メイジャンが無かったらもっと続けていたかもしれません。
嗚呼。夏休み。
というわけでここぞとばかりに踊り子のサポ上げです。

Lv25になると傭兵ナイフ+2という良い性能の短剣があったり、
メリポのせいもあってスキル差が結構開いたりなので、
ここからは短剣二刀流で行きました。

Lv25-27
シャクラミにてミミズ、コウモリ、ゴブリンを乱獲。
してましたが、Lvが26になるとコウモリに練習以下が、
Lv27になるとゴブリンに練習以下が混ざってどんどんマズーに。
Lv25の間は密集してるザコが全部楽表示で、
もの凄いペースで狩れたのでウマかったんですけどねぇ。


短剣が切り拓く宇宙を見せてやろう(キリッ)

Lv27-30
バルクルム砂丘でゴブリン、トンボ、羊あたりを乱獲。
してましたけど、FOVできる場所なので人が多い。
普通にレベリングしてるPTなんか居ませんが、
ソロで狩ってる人が多くて半ば取り合いみたいな状況。

わざわざ取り合うほどのモノなのかって言われると、
武器が短剣なのでトンボが非常に狩りやすいのと、
FOVの経験値がとてもとてもウマイので、
わざわざ取り合うほどのモノであるという結論に到達。

というわけで30まで粘りました。


トンボは取り合いだったが羊はそうでもなかった

Lv30-37
天国やー。クフィムは獣天国やー。

Lv30あたりになるとモンスターの攻撃力の方が
PCより強くなってくるので、サポ獣にしてクフィムへ。
Lv35までは昼間はカニ、夜は一匹コウモリを操って適当に乱獲。
Lv35からはリーチを操って乱獲。
(I-7)がミミズ、カニ、骨、巨人といっぱいごった煮になってるせいか
パーティは云わずもがなソロも微妙にやりにくい場所で空いてることが多く、
FOVもそこそこ近くて便利なので、そこで乱獲。

カニは正直ペットとしては攻撃力に欠けてイマイチですが、
魅了が解けた時に使うTP技が痛くないのが良いトコロ。
サカナはスロウとか使ってくるので、状態回復のない間はイマイチ。
夜はダブルアタックがあってTP技の痛くない一匹コウモリがパートナー。
Lv35になると状態異常を回復できるようになるので、
ここで満を持してのAcrophies先生の登場。
笑えるくらい強いっつーか、本体の削りなんかブッちぎってくれます。

クフィムは36くらいが限界かなーと思ってましたが、
妙に美味しかったので結局38直前まで粘ってました。


Acrophies先生強すぎです

Lv37-42
希望を出しながらクフィムで乱獲していたら、
我々狩りに誘われたので過去東ロンフォへ。

初めてのPTでしたが、なんか妙に忙しいジョブですね。
回復できるわ弱体できるわ釣りできるわで、やることが妙に多い。
ただまぁステップは効果あるんだか無いんだか良く分からん感じでしたが。

ま、我々自体は非常に美味なのでレベルはサクッと上がりました。


何という脆い生き物だ


というわけで現段階のサポとして充分なレベルまでは来ました。
ですが、次のことも考えるともうちょっと上げておきたいところです。

| ホーム |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。