プロフィール

ダチなし


FINAL FANTASY XIをプレイしている友達の少ないタルタルの日記。今日もアリエナイ角度でひとりよがり中。
by ダチなし

初めて訪問した人向け

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ナイズルの作戦目標の一つ、「特定モンスターの殲滅」について覚え書き。
(頂いた情報を元に若干修正済み。)

この作戦目標自体は至極単純で説明すべきことはほぼ無いんですが、
対象となるモンスターの耐性が弄られているので、主にそれについて。

特定モンスターの殲滅とは
NM以外の「計り知れない強さ」表示のモンスターの殲滅がクリア条件。
候補となるモンスターはカエル、ソウルフレア、プリン、戦車、インプ、
キキルンの中から一種が選択され、エリア内に最大5匹配置されます。

構成・戦術・オプション(制限やギアの有無)にも依りますが、
特に敵自体が強いわけではなく、
基本的には作戦達成に時間がかかる可能性が高いだけです。
なので別に対策とか真面目に考える必要も無いんですが、
弱体魔法に対する耐性が通常モンスターより強化されていて、
知らないとそれが原因で全滅するかもしれないので一応まとめておきます。
ちなみに印があればほとんど効くみたいですが、当方では未確認です。

Poroggo Gent
いわゆるカエルです。視覚聴覚感知でインスニを見破り、リンクします。
黒魔道士タイプで、釣ると何らかの魔法を詠唱し始め、
魔法次第ではその場に長時間留まるため、そのせいでリンクしたりします。
弱体魔法への耐性ですが、スリプル・ララバイ・サイレスが効きません。
マムークなどにいる通常のカエルはスリプルは効くらしいですが、
ナイズルの特定殲滅で出現するカエルには効きません。
ついでに光耐性があるみたいで、フィナーレも効きにくいようです。

柔らかいので基本的にはサックリ処理できることがほとんどですが、
リンク・睡眠無効・魅了・ブレクガ・デスと凶悪な要素が揃っており、
相手の出方次第では非常に苦しい展開になることがあります。

Psycheflayer
いわゆるイカです。アビ・魔法・視覚・聴覚感知で見破りあり。
リンクはしないので、釣るのは楽勝です。
闇属性に強力な耐性があり、スリプル・ディスペルが効きません。
さらに、特定殲滅で出現するイカはサイレスも効きません。
ララバイ・フィナーレは問題なく効きます。
ちなみに、通常のPsycheflayerと同時に出現することがあります。
つまり、「丁度」と「計り知れない」イカが同時に出現することがあり、
その場合イカを5匹倒したのに作戦達成にならない、
と勘違いすることがあります。
「調べる」で対象かどうかを一匹ずつ確実にチェックしましょう。

Ebony Pudding
いわゆるプリンです。視覚・アビ感知で見破りもリンクも無し。
物理モードと魔法モードと呼ばれる二つのモードがあり、おそらく
累積物理ダメージと累積魔法ダメージの差でモードチェンジします。
物理モード中は強めの物理カットがあり、攻撃系のTP技を使用し、
逆に魔法モード中は強めの魔法カットがあり、強化系のTP技を使用します。
戦闘開始直後は魔法モードです。

元々プリンはサイレスに強い耐性とスリプルに若干の耐性がありますが、
特定殲滅ではこれらが強化されており、サイレスはほぼ無効、
スリプルには強めの耐性
で、赤でもスリプル2が半分くらいレジられます。
ちなみに、こいつも通常のプリンが同時に出現することがありますが、
通常プリンはBlack Puddingという名前なので間違いは避けられます。

Racing Chariot
いわゆる戦車です。感知は完全には把握できてませんが、
おそらく聴覚感知で見破り無し・リンク有りです。
たまにノンアクになります。
スリプルに耐性があり、効きません。ララバイは効きます。

Heraldic Imp
インプですね。視覚感知で見破りあり。
通常インプはスリプルに若干の耐性があるだけですが、
特定殲滅ではスリプルへの耐性が非常に強くほぼ効きません。
さらにサイレスへの耐性も付いており、
赤魔道士でも半分程度の確率でレジストされます。

こいつも通常インプと一緒に出現することがありますが、
明らかに名前が違うので、さすがに間違えないでしょう。

Qiqirn Archaeologist & Qiqirn Treasure Hunter
キキルン。視覚感知で見破り無し、リンク有り。
あまり遭遇したことが無いので検証不十分ですが、
ヘッドですらノンアクですし、こいつらもノンアクだと思います。
弱体魔法は何でも効きます。
スポンサーサイト
別に需要があるとも思えませんが、ナイズルのアトルガンHNMのまとめ。
100層に挑戦してから書こうと思ってたんですが、
ナイズルの頻度は減少していくと予想されるので、
忘れない内に分かっている範囲でまとめてしまいます。

アトルガンHNM共通の特徴
デカイ。ヤバイ。ツオイ。
60、80、100ブロックで出現します。
弱体魔法・精霊魔法に強力な耐性を持っており、完全無効では無いものの、
現実的にはほぼ効かないものだと考えて差し支えありません。
(※ 弱体スキル329・魔命+6・MND94・属性杖HQ・隠者の薬併用で、
キマイラ・ハイドラ相手にはスロウ・パライズ全てレジスト。)

印があれば効くらしいので、印があれば一発何か入れましょう。(未確認)

攻撃間隔を遅延させられない上にトリプルアタックなどが付いており、
はっきり言って地上HNMとは次元の違う強さなので注意が必要です。
TP技は厄介なものや威力の高いものが多く、舐めてると全滅します。
一部のTP技は100ブロックでのみ使用します。

Khimaira
危険度:高
防御系のTP技が無いので粘られる心配はありませんが、
その代わり攻撃系のTP技を使いまくってきます。
侠者の薬でほとんど無効化できるので、それさえ使えば楽な相手ですが、
逆に薬が無ければ物凄い連続攻撃で薙ぎ倒される可能性があります。
特に、トゥールビヨンは700~800程度のダメージが出るので危険です。
プレイグスワイプも地味に痛く、鬼スリップのバイオ付きなので注意です。
岩息という前方範囲石化TP技があるので、
パーティに白がいなければ聖者の薬が半ば必須です。
  • 岩息・・・前方範囲石化。
  • テネブラスミスト・・・範囲TPゼロ。
  • サンダーストライク・・・範囲雷ダメージ(300程度)。スタン付き。
  • ドレッドストーム・・・範囲ダメージ(300程度)。テラー付き。空蝉全消去。
  • トゥールビヨン・・・範囲物理ダメージ(800程度)+ノックバック。空蝉複数枚。
  • プレイグスワイプ・・・後方にヘイトトップのPCがいる場合のみ使用。範囲物理ダメージ(600程度)。悪疫+バイオ(40HP/3sec程度のスリップ)。
  • フルミネーション・・・100ブロックのみ使用。範囲ダメージ+麻痺+スタン。(未確認)

Hydra
危険度:中
単純な強さで言えばアトルガンHNM3種の中では一番弱いと思いますが、
パイリックブルワーク(物理無効バリア)を使用してくるため、
制限時間のあるナイズルアサルトでは厄介な相手になっています。
物理バリアさえ使ってこなければキマイラより簡単に瞬殺できますが、
魔法が効かないのとリジェネ付きであることのせいで物理バリアを
連発されると全然削れず、いつまでも粘られる可能性があります。
攻撃系のTP技ははっきり言って弱いので、あまり問題になりません。

斬撃で首を切り落とすことができるらしいですが、
首を切り落とすと何が変わるのかは不明です。
オリジナルのHydraは首の数でTP技とリジェネ量が変化するらしいですが、
ナイズルのHydraに関しては私が見る限り、
少なくともバリア以外のTP技については首の本数に関係なく使用します。
首が切れた状態でバリアを使用したのを見たことはありませんが、
使用してこないかどうかはよく分かりません。
リジェネ量についても元々が微々たる量なので、
首を切り落とすことで変化があるかは今のところ分かりません。
(頂いたコメントに基づき若干修正済み)
  • サーペンタインテール・・・後方カウンター(未確認)
  • トレンブリング・・・範囲物理ダメージ+ディスペル
  • バロフィールド・・・範囲ダメージ+ヘヴィ
  • パイリックブラスト・・・前方範囲ダメージ+悪疫
  • ポーラーブラスト・・・前方範囲ダメージ+麻痺
  • パイリックブルワーク・・・物理バリア
  • ポーラーブルワーク・・・魔法バリア
  • ナーブガス・・・100ブロックでのみ使用。範囲ダメージ+毒+呪い。(未確認)

Cerberus
危険度:最高
ナイズルのアトルガンHNMの中では最強だと思います。
薬品を使えばかなり安全に戦えますが、それでも全滅の可能性があります。

高性能な攻撃系・防御系TP技が揃っており、大変厄介です。
使ってくるTP技の中では唯一ユルレーションだけショボイです。
ユルレーションの射程は魔法の射程よりもギリギリ短いので、
後衛はユルレーションの範囲外に立つことが可能です。
前衛は後衛からの魔法が届く位置に立つように意識しましょう。

マグマホプロン(ストンスキン+ブレイズスパイク)というTP技を持っており、
ストンスキンはダメージを与えることでしか消せません。
ブレイズスパイクの方は消せますが、ディスペル・フィナーレ共に
ほぼ確実にレジストされるものと考えて差し支えありません。
オーラスティール付きの盗む以外に確実に消す方法は無いと思います。

サルファラスブレスという800程度のダメージの範囲物理攻撃、
ラヴァスピットという空蝉貫通400程度のダメージの範囲魔法攻撃があり、
トリプルアタックもあるので死ぬ時は一瞬で死ねます。
マグマホプロンで粘られる可能性があり、
侠者の薬だけで確実に楽勝という相手ではありません。
慣れれば楽勝という相手でもないので、
テンポラリ薬品を惜しまず持ち込むのが無難だと思います。
  • サルファラスブレス・・・(対象中心?)範囲物理ダメージ(800程度)。
  • スコーチングラッシュ・・・後方にヘイトトップのPCがいる場合のみ使用。後方範囲物理ダメージ(800程度)。
  • マグマホプロン・・・ストンスキン+ブレイズスパイク。
  • ユルレーション・・・範囲麻痺。麻痺率低め。
  • ラヴァスピット・・・前方範囲ダメージ(400程度)。空蝉貫通。
  • ゲーツオブハデス・・・100ブロックでのみ使用。範囲ダメージ+バーン+ヘイトリセット。(未確認)
20層と40層で現れる地上HNMです。

共通の特徴
特にありません。全く別のNMなので。
地上のものとはTP技の仕様が違っていたりするのだけ注意です。

Behemoth
危険度:中
大して強くもないですが、サンダーボルトからのトリプルアタックは
即死の危険があり、防ぎようもないので事故死が有り得ます。
オリジナルと違い、ダストストームという後方カウンター技があり、
これが地味に痛いので後ろからタゲを取るのは避けた方が無難です。
スロウ・パライズ等の弱体は通ります。
使用するTP技は以下の通りです。
  • 雄たけび・・・ウォークライ
  • サンダーボルト・・・広範囲雷ダメージ+スタン。空蝉全消去。
  • フレイムアーマー・・・ブレイズスパイク
  • 衝撃波・・・前方範囲ダメージ+ノックバック。空蝉貫通。
  • ワイルドホーン・・・前方範囲ダメージ。空蝉複数枚。
  • ダストストーム・・・後方にヘイトトップのPCがいる場合のみ使用。範囲物理ダメージ+暗闇。空蝉複数枚。
(遭遇済み)

Adamantoise
危険度:低
地上のものと違って物理攻撃も普通に通ります。
赤の精霊でも良く通るので、暇を見て撃って良いかと思います。
ブレスが600程度のダメージを与えてくれるので地味に痛いですが、
それだけなので回復さえ遅れなければ死ぬ要素は無いかと思います。
トータスソングは地上の場合は歌やファントムロールの効果だけしか
消さないようですが、ナイズルの場合は他の強化も消します。
土に耐性があるようで、スロウは効きません。
  • アースブレス・・・土属性ブレスダメージ。
  • アクアブレス・・・水属性ブレスダメージ。
  • 甲羅強化・・・防御力アップ。
  • トータスストンプ・・・近接単体物理ダメージ
  • ヘッドバット・・・近接単体物理ダメージ
  • トータスソング・・・範囲ディスペル(歌以外も消去)
(遭遇済み)

Fafnir
危険度:高
対策さえ取れていれば大して問題にならない相手ですが、
それでもハリケーンウィングを連発されると結構大変です。
ブレスダメージはド正面から受けると死ねますが、
横にズレていればダメージを大幅に抑えられるので横にズレましょう。
後方からタゲを取ると、スパイクフレイルが発動する可能性があります。
一発で全滅する危険性のあるTP技なので、後方には立たないように。
後衛がタゲを取るのが全滅フラグですので、タゲを取らないように
できるだけ敵対心マイナスブーストしてケアルガを使用しましょう。
スロウ・パライズは通ります。使用するTP技は以下の通り。
  • アブソルートテラー・・・単体テラー
  • ホリッドロア・・・単体ディスペル。空蝉貫通。
  • ドラゴンブレス・・・前方範囲ブレスダメージ
  • ハリケーンウィング・・・範囲魔法ダメージ+暗闇。空蝉全消去。風属性?
  • スパイクフレイル・・・後方にヘイトトップのPCがいる場合のみ使用。範囲物理ダメージ。空蝉複数枚。
(遭遇済み)
テーマ : FINALFANTASY XI - ジャンル : オンラインゲーム
お次は戦車です。

戦車系ヘッド共通の特徴
スペック的に滅茶苦茶強いというわけではありませんが、
TP技がかなり厄介で、連発されるとピンチに陥るので注意です。

サルベージの戦車と同じく、共通するTP技に加えて、
それぞれが固有のTP技を使用します。
固有のTP技は今のところHP3割以下でしか見たことがありませんが、
それが発動条件になっているのかどうかは不明です。
共通のTP技は空蝉を剥す上に状態異常付きなのでそれなりに厄介です。
スリプルは効きませんが、ララバイは効きます。

共通するTP技は以下の通り。
  • ディフュージョンレイ・・・前方範囲ダメージ。空蝉全消去。
  • イナーシャストリーム・・・範囲ダメージ+バインド。空蝉全消去。
  • ディスチャージ・・・範囲ダメージ+麻痺。空蝉全消去。

Shielded Chariot
危険度:中
固有TP技モータルレボリューションを使用します。
範囲ダメージ+スタン+ノックバックで、空蝉複数枚消費で回避判定。
サルベージでは600を越える大ダメージのようですが、
ナイズルでは300程度のダメージで、それほど問題になりません。
(遭遇済み)

Battledressed Chariot
危険度:中
固有TP技ディスコイドを使用します。
針千本と同じ方式で、範囲内のメンバーで固定ダメージを分配する感じです。
サルベージでは4000ダメージを範囲内で分配するようですが、
ナイズルでは4人で200程度だったので1000ダメージ分配でしょうか。
(遭遇済み)

Long-Gunned Chariot
危険度:中
固有TP技としてホーミングミサイルを使用します。
ターゲット保有者が敵の正面に立っている場合に発動するようです。
サルベージでは範囲瀕死ダメージ+ヘイトリセットらしいですが、
ナイズルでは対象PCのみ瀕死ダメージ+ヘイトリセット、
周囲のPCに200程度のダメージで、はっきり言って大したことありません。
魔法ダメージ扱いのようで、シェルで軽減可能。レジスト可能かは不明。
(遭遇済み)

Long-Horned Chariot
危険度:高
固有TP技としてブレインジャックを使用します。
スリップ付きの魅了なので、魅了された人を寝かせられません。
魅了された人にバインドを入れて足止めする等の対処をしなければ、
次々と味方を殺されてしまうので危険です。
(遭遇済み)
テーマ : FINALFANTASY XI - ジャンル : オンラインゲーム
というわけでお次はインプ。

インプ系ヘッド共通の特徴
青いインプで、はっきり言って弱いです。
カエルと同様、特定のTP技のみを使用するという特徴がありますが、
カエルと違ってTP技が大して怖くないので問題になりません。
サイレス・スリプルは効きませんが、ララバイは効きます。
  • アブレージタンタラ・・・範囲アムネジア(アビ・WS封印)
  • デフェニングタンタラ・・・範囲静寂
  • フレネティクリップ・・・3回攻撃

Mokke
危険度:低
アブレージタンタラのみ使用。
(遭遇済み)

Mokka
危険度:低
デフェニングタンタラのみ使用。
(遭遇済み)

Mokku
危険度:低
フレネティクリップのみ使用。
(遭遇済み)
テーマ : FINALFANTASY XI - ジャンル : オンラインゲーム

| ホーム |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。